「多くの虚偽」Foxニュース、トランプ氏の発言をファクトチェック

7

2020年米大統領選の結果報道で「イタイ目」にあったFoxニュース。トランプ前大統領の発言には、細心の注意を払っているようだ。

トランプ氏は2日、アイオワ州シーダーラピッズで開かれた党員集会で2020年の大統領選は「盗まれた」との主張を繰り返した。演説を中継していたFoxニュースは、突然画面をスタジオへと切り替え、司会のアーセル・ネヴィル氏が「(選挙に関して)多くの虚偽があった」と説明。「2020年の選挙に不正はなかった。盗まれてもいない。しかしながら、トランプ氏は世論調査で(他の候補者を)大きく引き離している」と加えた。

番組は、トランプ氏の演説に戻ることなく、フロリダ州で開催されていたロン・デサンティス知事と、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事の討論会を放送した。

Foxニュースの対応に反トランプ派からは、「素晴らしいニュース!Foxニュースでさえトランプが嘘つきだと認めた」「ついにファクトチェックを行った」といった賞賛の声が上がった。

一方、トランプ氏勝利の立役者スティーブ・バノン氏はFoxニュースを厳しく非難。自身の番組で「愚か者のためのTV、卑怯者」「絶対的な屈辱」と罵り、トランプ氏は大統領選で敗れていないと主張した。

Advertisement

支持者からは「FoxニュースはMSNBCに成り下がった」など批判的なコメントも投稿されている。

なおネヴィル氏は2021年9月の放送でも、「実際に不正はなかった」「法廷で何度も証明されている」とトランプ氏が唱える選挙不正説を否定している

選挙不正報道で大きな代償

米投票システム大手のドミニオン・ボーティング・システムは2021年3月、大統領選で投票結果を改ざんしたなど偽の主張を広めて名誉を毀損されたとして、Foxニュースを相手取り、16億ドルの損害倍賞を求める訴訟を提起した。同業他社のスマートマティックも同年、Foxニュースらを相手取り、27億ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしている。

Foxニュースは今年4月、ドミニオンに7億8,750万を支払うとして和解が成立したと発表した。