ホーム ニューヨーク観光 ロケ地めぐり 『ものすごくうるさくて、あ...

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011) ロケ地ガイド

2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件より15年が経過します。今回は、セプテンバー11で父を失った息子トーマスが、父の遺品から偶然見つけた鍵をきっかけに、様々な人との出会いを通じて、再生していくストーリー『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011米国公開)のフィルムロケ地をご案内します。

ストーリー

911で父親を失った息子オスカー(トーマス ホーン)が、ある日、父トーマス(トム ハンクス)のクローゼットの中にあった青い花瓶から、Blackと書かれた封筒に入った鍵を発見する。オスカーは、 ロックされた秘密の扉を開けるため、ニューヨーク中の”ブラックさん”を探す旅に出かける。

バーニー グリーングラス(Barney Greengrass)

- Advertisement -

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

父トーマスとオスカーがいつも食事を取っていたデリ。おばあさんの”同居人”であるおじいちゃんと、待ち合わせをする場所もここです。1908年創業の老舗ジューイッシュデリ、バーニーグリーングラス。映画の撮影でもよく使用されており、『ユーガットメール』『レボリューショナリーロード』などでもおなじみのお店です。
住所541 Amsterdam Ave, New York(West 86th Street)

父トーマスのジュエリーショップ(The Schell’s Apartment)

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

こちらは実在のジュエリーショップが使用されています。
住所2586 Broadway (btw West 97th & 98th Streets)

息子オスカーのアパートメント(The Schell’s Apartment)

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

こちらも実在のアパートメント。トーマスのジュエリーショップのすぐ近くです。
住所215 West 98th Street and Broadway, Manhattan.

セントラルパーク(Central Park)

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

Extremely Loud
こちらは、セントラルパーク南東側のロック上(眼下に遊園地が見えます)。6番目のボロー(地区)を探すゲームをする場所、父親からのメッセージを発見するブランコ、出会ったブラックさんたちに手紙を書く場所など多数登場します。
住所Central Park

セントラルパーク内のロケーションマップ

出典:www.centralparksunsettours.com
出典:www.centralparksunsettours.com

マンハッタンブリッジ(Manhattan Bridge)

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

トーマスが”ブラックさん”を探すため、マンハッタンからブルックリンに向かう際に利用するブリッジ。

ブリッジから見えるワンワールドトレードセンター

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

“Extremely Loud and Incredibly Close”(2011)
監督:スティーブン・ダルドリー Stephen Daldry 『リトル・ダンサー』 『めぐりあう時間たち』
脚本:エリック・ロス Eric Roth 『フォレスト・ガンプ/一期一会』
原作:ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
出演者:トム・ハンクス Tom Hanks,サンドラ・ブロック Sandra Bullock,トーマス・ホーン
音楽:アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES