ロードレージか サイクリング中の医師 車にはねられた後、刃物で刺され死亡

カリフォルニア州で1日、サイクリングをしていた医師が、車ではねられた後、運転手の男に刺し殺される事件があった。

オレンジ郡保安局の発表では、マイケル・マンモンさん(58)は午後3時ごろ、デイナポイントのパシフィック・コースト・ハイウェイをサイクリングしていたところ、後ろから白色のレクサスに追突された。運転席から出てきた男は、マンモンさんを殴った上、刃物で刺したという。警察が駆けつけた際、マンモンさんは重傷を負い、交差点に横たわっていた。

警察はその場で、ロングビーチ在住のバンロイ・エヴァン・スミス(29)を拘束。殺人罪の容疑で逮捕した。

▼周辺の監視カメラには、後部からマンモンさんを跳ね飛ばす様子が撮影されている。

目撃者はFoxロサンゼルスの取材に、スミス容疑者はマンモンさんの背中を少なくとも1回刺し、その後銃を取り出し、数回発砲したと語っている。その場にいた通行人が、銃器を奪い、取り押さえた。別の目撃者はABC7に、銃声音を聞いた後、容疑者は”白人特権”について口にしているのを聞いたと話した

保安官事務所は、2人は顔見知りではなかったとしている。犯行の動機は明らかではないものの、オレンジ郡では現在、70件近くの自動車事故を調査中で、新型コロナの規制を解除した後、ロードレージ(あおり運転)関連の事故が、増加傾向にあると語った。

あるサイクリストは地元テレビ局に、人々はささいなことでキレやすくなっており、ロードレージが非常に増えたと説明。そのことでサイクリングをやめた人もいると語っている。

亡くなったマンモンさんは、プロビデンス・ミッション病院ラグナビーチの救急医療医だった。同病院は声明で「衝撃的な悲劇に驚き、素晴らしい医師と友人を失ったことを悲しんでいる」と述べ、医師の地域社会に対する献身と医学への情熱を称えると追悼した。

(Providence Mission Hospital Laguna Beach
上部へスクロール