トランプ氏の末っ子、バロン君の背が高すぎる

894

20日、トランプ前大統領は、14日にアッパーイーストサイドにある自宅で死亡した元妻イヴァナ・トランプさんの葬儀に、家族とともに出席した。

ミサを終え、教会から棺が運び出される際、ファミリー一同が教会の外に姿をあらわしたが、この時、目を引いたのが末っ子のバロン君(16)の長身ぶりだ。

©MashupReporter

トランプ家といえば長身揃いで知られる。トランプ氏は190cm前後で、次男エリック氏は195cmと伝えられているが、バロン君の高さは、二人を上から見下ろすほど。トランプ氏は昨年、バロン君の身長が2mを超えたと話していたが、それからもっと伸びたことだろう。

父親が大統領を退任して以来、滅多に公の場に姿をあらわすことがなく、バロン君の最近の動向はあまり知られていない。昨年は、一家が居住するフロリダ州パームビーチの高級リゾート施設「マール・ア・ラーゴ」の近くにある私立高校「オックスブリッジ・アカデミー」に入学したと報じられた。

イヴァナさんは14日、自宅の階段の下で意識不明となって倒れているところを発見された。駆けつけた救急隊員によって、その場で死亡が確認された。ニューヨーク市検視局は翌日、事故死で、胴体に鈍的外傷を負ったことにより死亡したと発表した。

Advertisement

葬儀は約100名のゲストが訪れ、実子のジュニア氏とエリック氏、イバンカ氏が弔辞を述べたという。一家はその後、ニュージャージー州のベッドミンスターにあるトランプ・ナショナル・ゴルフクラブに向かう予定と伝えられた。ニューヨークポスト紙は21日、情報筋の話として、イヴァナさんの遺体はゴルフクラブにある墓地に埋葬されたと報じている。