Advertisement
ホームニュースニューヨークNY市警察が映像公開 女が...

NY市警察が映像公開 女がアジア人女性の頭部をハンマーで殴打

タイムズスクエア近くの路上で、アジア人女性が見知らぬ女からハンマーで殴られ、怪我を負った事件で、ニューヨーク市警察は事件現場近くの監視カメラの映像を公開した。

ニューヨーク市警察から得た情報によると、通報があったのは5月2日午後8時40分頃。31歳と29歳の女性が、9thアべニューと10thアべニューの間、42ndストリート(411 West 42 Street)の歩道を駅に向かって歩いていたところ、見知らぬ女が近づき、女性たちにマスクを外すよう要求した。女はその後、31歳の女性の頭をハンマーで殴り、徒歩で逃げた。

31歳の女性は裂傷を負い、救急隊によってニューヨーク大学メディカルセンターに搬送された。現在、NYPDのヘイトクライムタスクフォースが捜査を行なっている。

NYPDでは現在、事件に関する情報提供を求めている。NYPD’s Crime Stoppers Hotline at 1-800-577-TIPS (8477) 

abc7によると、頭部を殴られた女性はファッション工科大学の卒業生で、身体的な怪我よりも、精神的な傷が比較にならないほど大きいと話した。

最初、自分を守ろうとしたが、頭部を触った時、大量に出血していることに気がついたという。

事件の状況について「彼女は、壁に話しかけるように独り言を言っていた」と話し「酔っているかなにかだと思ったので、すばやく通り過ぎたかったが、通り過ぎようとする時、私たちを見て、”F***ingマスクを外せ”と言った。ショックだった」と語った。頭部には、7針縫うけがを負った。

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New