フードデリバリーアプリにSOS!監禁女性が無事に救出

NYPD crime
shutterstock

ニューヨーク市ブロンクス区にある自宅で、性的暴行を受け監禁されていた女性(24)が、フードデリバリーアプリを使って、警察に助けを求め、無事に救出された。

WABCによると20日午前5時頃、Grubhubのアプリを通じて、ウエストチェスター郡ヨンカーズにある飲食店「Chipper Truck Café」にサンドイッチとハンバーガーの注文が入った。メモ欄には、警察に通報し、男に気づかれないよう、配達人と来てほしいと書かれていた。

配達先は、飲食店からわずか約800メートル離れた場所にあった。メッセージを見た従業員は、オーナーに連絡し、事情を説明。オーナーは、警察に通報するよう指示した。

男は食事が届いたと思ってドアを開けた瞬間、警察官に拘束された。調べによると、女性は数カ月前、オンラインを通じて男と知り合ったという。監禁中、男は女性の携帯を取り上げていたが、食事の注文時のみ使用を許可していた。

男の名は、カモイ・ロイヤル(Kemoy Royal)(32)。レイプおよび不法監禁、性的虐待などの罪で起訴された。ロイヤル被告は同日、別の女性(26)に対する性的暴行未遂の罪でも起訴されている。