ホームニューストランプ氏 独自プラットフ...

トランプ氏 独自プラットフォームでSNS復帰を計画

トランプ前大統領のアドバイザーを務めるジェイソン・ミラー氏は21日、Foxニュースの番組で、トランプ氏が数カ月以内に独自のプラットフォームを開設するだろうと話した。

ミラー氏は「おそらく2または3カ月で、トランプ大統領が独自のプラットフォームでソーシャルメディアに復帰するのを目にするだろう」と述べ、「ソーシャルメディアでは最も人気なものになると思う。ゲームのあり方を完全に変えるだろう」と語った。

1月のトランプ支持者らによる議事堂襲撃事件後、ツイッターはトランプ氏がさらなる暴力を扇動する恐れがあるとして、8,800万人のフォロワーを抱えるトランプ氏のアカウントを永久凍結した。フェイスブックでは現在、同社の監視委員会が永久停止にするかどうか検討している。今月行われたYahoo Financeの世論調査では、50%の回答者が復帰を許可するべきだと回答。永久停止を支持(44%)を上回った。

ミラー氏は続けて、数多くの企業からトランプ氏にアプローチがあったと明かし、現在「たくさんの強力な打ち合わせ」をこなしていると語った。

このニュースにネットでは「戻ってくるのが聞けて良かった。待ち遠しい」など、歓迎する声の一方で、「これってウェブサイトって呼ぶのでは?」「ホスティングできるのはロシアだけだろう」「メキシコが金出すの?」「トランプボットが忙しくなるのが目に見える」「どうやって刑務所の中からやるんだ?」など、様々な反応が寄せられている。

あなたにおすすめ

TOP STORIES