第58回スーパーボウル、スウィフティがチーフス勝利を確信する真の理由

10
テイラー・スウィフト
Brian Friedman/shutterstock

11日のスーパーボウルを前に、スウィフティたちは隠れた数字探しで盛り上がっている。

あるユーザーはX(旧ツイッター)に「第58回スーパーボウルは、テイラー・スウィフトの13回目の観戦だ。彼女は日本から13時間のフライトに乗らなければならない。スーパーボウル58 5+8=13!!!チーフスがすべて勝つ!!!!」と投稿した。

テイラーの交際相手、トラヴィス・ケルシー選手が所属するカンザスシティ・チーフスは11日、ラスベガスで開催される第58回スーパーボウルで、サンフランシスコ49ersと対戦する。

テイラーは昨年から恋人の応援にたびたびスタジアムに足を運んでおり、これまでに12試合を観戦している。試合の前日にあたる10日はワールドツアー「The Eras Tour」の東京公演の最終日で、ファンたちはその日の夜に日本を発ってラスベガスのスタジアムに姿をあらわすことを心待ちにしている。

13はスウィフティにとってはおなじみで、テイラーは4日に開催されたグラミー賞授賞式でも、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞の受賞スピーチで「これは私の13個目のグラミーです」と切り出し、「みなさんにお話ししたかわかりませんが、私のラッキーナンバーなんです」と続けた。

Advertisement

Xにはこのほかに、「試合は2月11日。2+11=13」、「100-13=87(ケルシー選手の背番号)」、「49rs:4+9=13」、「49rsは第1シード、チーフスは第3シード、13」などラッキーナンバーを指摘する投稿が相次いでいる。

この一方、49rsのクオーターバック、ブロック・パーディの背番号が13であることから、チーフスは勝てないと予測するコメントも投稿されている。

テイラーは2009年のMTVのインタビューで、「私が手に描いている13の重要性だけど、いつもコンサートの前にこれを手にペイントする。13は私のラッキーナンバーだから」とこだわりを説明。「私は13日に生まれて(1989年12月13日生まれ)、13日の金曜日に13歳を迎えた。ファーストアルバムは13週ゴールドを獲得した。私が最初にナンバー1を獲得した歌のイントロは13秒だった」とつぎつぎと数字との関連を挙げ、「賞を獲得するときはいつでも、13番目の座席か13列目、13番目のセクション、アルファベットで13番目にくるM列に座っていた」と語った。

曲やアルバムに潜ませることも多く、Todayによると、2021年の再録アルバム「Red」の13曲目の「The Lucky One」では、13秒のイントロ、歌詞に「Lucky」が13回登場する。31歳の誕生年にリリースした「Folklore」と「Evermore」の曲数は合計31曲で、反対にすると13になる。

ラッキーナンバーが、チーフスの勝利を助けるか。全米最大のスポーツイベントは、2月11日(日)ラスベガスの午後3時30分、日本の2月12日(月)午前8時:30分にキックオフする。