ホームニュース米スターバックス 手巻き寿...

米スターバックス 手巻き寿司”Chiken Maki Roll”を発売

スターバックスは、シカゴの限定店舗で、巻き寿司風の新メニュー「チキン・マキ・ロール”Chiken Maki Roll”」の販売をスタートする。

チキン・マキ・ロールはスターバックスが新たに提供するランチメニュー「Mercato」の一環で、この他に、チーズサンドイッチやトマトバジルスープ、デザートにチョコレートのポ・ド・クレームなどを販売する。

発表によると、チキン・マキ・ロールは、ゆっくりと蒸したシュレッドチキン、火で炙ったトマティーヨサルサ、ライムクリーム、きゅうり、キャベツの酢漬け、玉ねぎやアボガドを酢飯とノリで巻いたものとなる。

新メニューはシカゴの LaSalle & Monroe店と35th&State street店の2店舗のみで発売するが、Business Insiderによると、シカゴで成功した場合は、全国展開も考えているという。

スターバックスでは、今年、ユニコーンフラペチーノやアボガド・トーストなど、流行を抑えた新アイテムを投入し、話題となっている。コーヒーショップが手巻き寿司を販売するという、一見不似合いな組み合わせだが、昨今のスシブリトーブームに乗って人気メニューとなるか、注目したい。

スターバックスより、ユニコーンフラペチーノが新発売!

ニューヨークの人気スシ・ブリトーレストラン

新たなブームが到来 ! ハワイ生まれの”Poke(ポケ/ポキ)”料理

Uma Temakeria ウマ・テマケリア

あなたにおすすめ

TOP STORIES