ホームニューススキャンダル兄に続いて弟も?CNNクリ...

兄に続いて弟も?CNNクリス氏解雇の背景に、セクハラ疑惑か

CNBCは5日、弁護士の話として、性的不適切行為の告発が、CNNのクリス・クオモ氏の解雇につながったと伝えた。

看板キャスターのクリス・クオモ氏が解雇されたのは4日。CNNは解雇にあたり、兄のクオモ前ニューヨーク州知事のセクハラ問題の対応への関与について、「さらなる情報が明らかになった」と発表していた。

女性の告発を明らかにしたのは、弁護士のデブラ・カッツ氏。女性の名前は明らかにされていない。

カッツ氏は、数々のセクハラ裁判で被害者の弁護を務めた著名な弁護士。2018年には、ブレット・カバノー氏の最高裁判事への承認指名を前に、過去に性的暴行を受けたと訴え出たクリスティン・プレイシー・フォード教授の代理人を務めた。このほか、ハーヴェイ・ワインスタインの被害者や、兄クオモ前知事のセクハラを告発したシャーロット・ベネット氏の代理人も務めている。

カッツ氏によると、女性は「クリス氏の放送での偽善的な発言を聞き、これらの女性の信用を傷つけようとする取り組みに反感を抱いたため、CNNに性的不適切な行為を報告するために弁護士を雇った」という。

なお、ニューヨークタイムズは、「偽善的な発言」は、3月1日に放送でなされたもので、クリス氏は、セクハラ問題に「深く気を配ってきた」と述べたと伝えている。

カッツ氏が、CNN側に報告したのは、12月1日だったという。この前日、CNNはクリス氏を無期限停職にすると発表していた。

女性の告発が解雇の決定に、どれほどの影響を与えたのか明らかではない。

CNNの広報担当者はタイムズに、解雇は「クリス氏が行った兄の支援に関する報告に基づいたもの」とした上で、「今週浮上した新たな疑惑」については「深刻に受け止め、迅速な行動を遅らせる理由はないと判断した」と回答。決定を早めた可能性を示唆した。

クリス氏の広報担当者、スティーブン・ゴールドバーグ氏は5日、声明で「匿名による疑惑は、真実ではない」と告発を否定。さらに「虚偽かつ審査されていない告発の目的が、CNNがクオモ氏を罰することであるならば、彼の不当解雇に合点が行く」と反撃した。

TOP STORIES

What's New