回顧録「スペア」来年1月発売、ヘンリー王子が受け取った契約金は

ヘンリー王子の回顧録が、来年1月10日に発売されることがわかった。タイトルは、「Spare」(スペア)に決定。16カ国語に翻訳される。

タイトルについてBBCは、君主制における「継承者と予備の者」(heir and a spare)というフレーズに言及したものだと説明。出版元のペンギンランダムハウスは「個人的かつ感情的で力強い物語」と紹介している。

ニューヨークポスト紙は、ヘンリー王子が、2,000万ドル(約29億円)の契約金を出版社から受け取ったと報じた。出版社の広報は、収益は「英国の慈善団体の支援」に充てられると語っている。

ヘンリー王子は、既に慈善団体「サンタバリー」(Sentebal)に150万ドルを寄付したという。同団体は、アフリカのレソト王国とボツニア共和国で、エイズの影響を受けた子供たちや若者を支援する組織。故ダイアナ妃の意志を受け継ぎ、ヘンリー王子がレソト王室のセーイソ王子と創設した。また、英国王室が50年以上後援する非営利団体の「ウェルチャイルド」(WellChild)にも、34万7,000ドルを寄付する予定だという。

回顧録は当初、今年のホリデーシーズンに発売を予定していたが、エリザベス女王が死去したことで、延期されていた