ホーム ニュース ニューヨーク ニューヨーク3空港で無料W...

ニューヨーク3空港で無料Wi-Fiサービスがスタート

港湾公社は、ジョン・F・ケネディ国際空港及び、ニューアーク・リバティー国際空港、ラガーディア空港で、無料の高速Wi-Fiサービスを開始すると発表した。

以前は30分間まで無料Wi-Fiを使用できたが、それ以降は有料のサービスとなっていた。

新たなサービスでは、4時間を上限に20メガビット/秒、最大50Mbbsの高速Wi-Fiを使用することができる。
使い方は、地下鉄のWi-Fiサービスと類似しており、短い広告の後にアクセス画面が表示され、タップするとサービスを利用することができる。

- Advertisement -

港湾公社は、ラガーディア空港の80億ドルの整備や、大部分を民間資金調達によって行うJFK国際空港の130億ドル規模の再開発を請け負っている。

地元紙amNewYorkによると、ニューヨークエリアの3空港は、擁護団体や消費者団体より米国におけるワースト空港の一つとランク付けされており、無料Wi-Fiがないこともその要因の一つとされていた。

関連記事

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)知事は、ジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)に開設する2つのターミナルの詳細を明らかにした。
総工費130億ドル(約1兆4,300億円)の巨大プロジェクトで、2023年までに完成を予定。

JFK国際空港 2023年までに新ターミナル開設

ジョン・F・ケネディ国際空港のTWAフライトセンター(TWAターミナルビル、TWA Flight Center)に2019年春TWAホテルがオープンする。
50年代に活躍したトランス・ワールド航空のビンテージ旅客機「ロッキード・コンステレーションL-1649Aスターライナー」がレストラン&バーとして使用される。

来春オープンのTWAホテル 伝説の旅客機「スターライナー」がバーに

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES