ホーム ニュース ニューヨーク ロード&テイラーがNYにカ...

ロード&テイラーがNYにカムバック。SoHoにポップアップ店

今年1月、5番街の旗艦店を閉鎖した米老舗百貨店ロード・アンド・テイラー(Lord & Taylor)がニューヨークに戻ってくる。
今年ロード&テイラーを買収したファッション・レンタルサービスのスタートアップ、ル・トート(Le Tote)が、ソーホー地区にポップアップ店をオープンすることが分かった。米複数メディアが報じた。

ル・トートは11日からクリスマスイブの24日まで、ブランド店の立ち並ぶウースター・ストリート(住所:138 Wooster Street)に期間限定オープンする。

売り場面積は、約220平方メートルで通常店舗(1万1,150平方メートル)に比べるとかなり小さい。店頭では、ロード&テイラーブランドのカシミア製品やジュエリー、ビューティ製品、ホリデー用ギフトのほか、ル・トートの衣類レンタルサービスの案内を行うという。

- Advertisement -

ポップアップ店は、ロード&テイラーの存在を顧客にリマインドする目的があるという。ソーホーは、ル・トートとロード&テイラーの平均的な顧客の「適切なデモグラフィック」かつ、客足も多いため、老舗百貨店をミレニアルに紹介できるという。
ラケシュ・トンドン(Rakesh Tondon)最高経営責任者(CEO)は、「ロード&テイラーが閉店した時、コミュニティーは裏切られた気分だった。私たちはニューヨークにロード&テイラーを戻そうとしている。」とCNNに語っている。来年も同様のポップアップ店の開店を計画しているという。

Lord & Taylor
©mashupNY

1826年にニューヨークにオープンしたロード&テイラーは、米国最古の百貨店として知られる。今年1月には、100年以上営業を続けた5番街の旗艦店を閉鎖。建物をオフィスシェアのウィーワーク(WeWork)に8億5,000万ドルで売却した
ハドソンズ・ベイ(Hudson’s Bay)は2012年にロード&テイラーを買収したが2019年8月に、7,500万ドルでル・トートへの売却が合意に達したと発表した。

TOP STORIES