ニューヨークに日本旋風!ジャパンパレード初開催、セーラー5戦士も参上

セーラームーン
©Mashup Reporter

14日、マンハッタンで初めての「ジャパン・パレード」が開催された。

今年は、1872年に岩倉具視を特命全権大使とする使節団が、米国を訪問してから150年目。この訪問を契機に、同年日本領事館がニューヨークに設置され、日米関係の深化へと繋がった。この節目の年を記念し、日米交流のさらなる促進と日系コミュニティの強化、ニューヨークに感謝の意を表し、未来世代へと友好のバトンを繋ぐことを目的に開催が実現した。

©Mashup Reporter

午後1時に始まったパレードでは、90団体、2,400人が参加し、セントラルパーク西側のストリート行進。踊りや神輿、太鼓、剣道、空手といった伝統文化を披露したほか、「Pretty Guardian Sailor Moon」 The Super Liveの5戦士が日本から参加するなどして、イベントを盛り上げた。

©Mashup Reporter

▼巨大な日の丸の旗と星条旗が並んで、マンハッタンを行進!

©Mashup Reporter

▼各都道府県の県人会も参加。群馬県人会は、ゆるきゃらグランプリに輝いた「ぐんまちゃん」と名産「高崎だるま」と共に。

©Mashup Reporter
©Mashup Reporter

ニューヨーカーから大きな歓声が上がった「セーラー5戦士」

©Mashup Reporter

あの名曲「ムーンライト伝説」を披露!

沿道には、パレードを一目見ようと2万人を超える観客が詰めかけた。中には、アニメキャラクターの衣装に身を包むなど、参加者顔負けの工夫を凝らした服装でパレードを楽しむ人々の姿も見られた。

グランド・マーシャルは、日系人ハリウッド俳優で、「スタートレック」のヒカル・スールー役で知られるジョージ・タケイ氏が務めた。

ジョージタケイ
©Mashup Reporter

レクサスのオープンカーに乗ったタケイ氏は、観客の声援に、ミスター・スポックのバルカン人式挨拶として有名なポーズとメッセージ「Live Long And Prosper(長寿と繁栄を)」で答えた。初開催のパレードは「すばらしかった」と話し、日本と米国の強力な同盟関係を祝う機会だと語った。

©Mashup Reporter

今年2月に着任した在ニューヨーク日本国総領事館の森美樹夫大使は、「われわれからニューヨークに対する感謝の気持ち」「日本人、日系人が一体となって連携して得られる力強さ」を伝えたかったと説明。多くの団体が参加することで「日本人がニューヨークに対して、どういう気持ちを持っているか、一番いい形で表現することができた」と語った。

©Mashup Reporter

▼パレードの後は、ジャパンストリートフェアで舌鼓。ラーメンや唐揚げ、お好み焼きなどニューヨーカーに人気のメニューが集合。どのフードテントも大行列に。

©Mashup Reporter

▼ハイライトはこちら!