トランプ氏の息子バロン君18歳に、気になる今後は?

102

20日、トランプ前大統領とメラニア夫人の息子バロン君が、18歳の誕生日を迎えた。

トランプ氏が2016年に大統領選に当選した時はあどけない表情の10歳だったが、あれから8年、今年1月に祖母の葬儀に出席した際の様子はすっかり青年に成長し、パパを頭一つ分上回る高身長ぶりが話題になった。

幼少期をマンハッタンの5番街にあるトランプタワーの最上階で過ごしたバロン君は、2017年1月にトランプ氏が大統領に就任し、その約半年遅れでホワイトハウスにメラニア夫人と引っ越した。

ホワイトハウス時代は、それまでの慣例を破り、メリーランド州ポトマックにある「セント・アンドルーズ・イピスコパル・スクール(St. Andrew’s Episcopal School )」に通った。大統領の子息がそうするのは初めてで、過去35年間の大統領の子供たちは全員が「シドウェル・フレンド・スクール(Sidwell Friends School)」で学んだとされる。

サッカー少年で、ホワイトハウスの芝生でアーセナル・フットボール・クラブのシャツを着用している姿が目撃されたほか、DCユナイテッド・アンダー12とアーリントン・サッカー・アソシエーション・アンダー14でサッカーをプレイしていた。

Advertisement

トランプ氏の退任に伴い、フロリダ州パームビーチにあるマール・ア・ラーゴに引っ越した後は、同じくパームビーチにある「オックスブリッジ・アカデミー」に転校した。Peopleによると、2024年卒業生として卒業することが明らかになっている。進学先について、メラニア夫人はニューヨークの大学に通わせたいと考えているとも報じられている

現在の身長は約201cmで、トランプ氏は今年1月にスロヴェニア出身のメラニア夫人の母アメリアさんが他界した際「彼は祖母の料理だけを食べて育った」と語った。

これまでほとんど私生活が報じられることはなかったが、大学進学と父親の選挙活動が相まって、世間の関心が高まりそうだ。

▼2022年7月、トランプ氏の最初の妻イヴァナさんの葬儀に参列したバロン君。