ホーム ニュース ニューヨーク NY アメリカ自然史博物館...

NY アメリカ自然史博物館 9月9日から再開

アメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)は30日、9月9日から営業を再開すると発表した。

営業日は、月・火曜日を除く週5日間に短縮する。開館時間は、午前10時から午後5時半まで。安全対策として、来館者数を通常の25%に制限。またプラネタリウムなど一部エリアは閉鎖する。来館者には、マスクの着用やソーシャルディスタンスの遵守が求められる。
入場チケットは、事前に時間指定の上、オンラインでの購入が必要となる。
ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットの3州在住者は任意の料金で入場できる(要身分証明書)。3州以外は、大人23ドル、学生18ドル、シニアと3-12歳の子供13ドル。会員向けのプレビューは、9月2日から実施する。

新型コロナウイルスの影響により、市内の観光施設は3月中旬に一時閉鎖されたが、エンパイア・ステート・ビルディングや自由の女神など、感染リスクの低い観光施設に関しては7月20日から再開した。屋内施設については、感染拡大の懸念から州の許可が下りず、閉鎖が続いていた。
メトロポリタン美術館は8月29日に再開を予定している。

- Advertisement -

現在再開中の観光施設はコチラ

TOP STORIES

Recommended stories