ホームニュースエンターテイメント第93回アカデミー賞候補 ...

第93回アカデミー賞候補 アジア系躍進。「ノマドランド」のクロエ・ジャオ、「ミナリ」

15日、第93回アカデミー賞のノミネート作品が発表された。デビッド・フィンチャー監督の「Mank マンク」が今回最多となる10部門にノミネートを果たした。「ノマドランド」や「ミナリ」、「シカゴ7裁判」「サウンド・オブ・メタル」「ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア」「ファーザー」は、6部門にノミネートされた。「プロミシング・ヤング・ウーマン」は作品賞を含む5部門だった。

ネトフリ作品35部門ノミネート

昨年はパンデミックの影響で、都市の劇場が閉鎖されたため、大手映画会社は軒並み新作の劇場公開を延期。一方ストリーミング配信大手ネットフリックスの作品は、35部門でノミネートを果たした。デイズニーは15部門、アマゾンは12部門だった。アップルは、「ウルフウォーカー」と「グレイハウンド」で初めてノミネートを果たした。

史上初2人の女性が監督賞候補に

監督部門では、「ノマドランド」のクロエ・ジャオ(Chloé Zhao)と「プロミシング・ヤング・ウーマン」のエメラルド・フェネル(Emerald Fennell)がノミネートされた。2人の女性が監督賞候補に上がるのはオスカー史上初めて。
クロエ・ジャオは、中国人の女性かつ有色人種の女性として初めてのノミネーションとなる。韓国系アメリカ人の家族を描いた半自叙伝映画「ミナリ」のリー・アイザック・チョン(Lee Isaac Chung)もノミネートされた。

俳優部門は約半数が有色人種

俳優部門にノミネートされた20人のうち、9人が有色人種となった。
主演男優賞は、リズ・アーメッド(Riz Ahmed)、チャドウィック・ボーズマン(Chadwick Boseman)、スティーヴン・ユァン(Steven Yeun)、ゲイリー・オールドマン(Gary Oldman)、アンソニー・ホプキンス(Anthony Hopkins)がノミネートされた。
スティーヴン・ユァンは、アジア系アメリカ人で初ノミネートを果たした。リズ・アーメッドは、ムスリムとして初の主演男優賞候補となった。

主演女優賞は、ヴィオラ・デイヴィス(Viola Davis)、アンドラ・デイ(Andra Day)、キャリー・マリガン(Carey Mulligan)、ヴァネッサ・カービー(Vanessa Kirby)、フランシス・マクドーマンド(Frances McDormand)がノミネートされた。

授賞式は4月25日、ABCで東部時間の午後8時から放送される。

作品賞ノミネート

「ファーザー」
「ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア」
「Mank マンク」
「ミナリ」
「ノマドランド」
「プロミシング・ヤング・ウーマン」
「サウンド・オブ・メタル」
「シカゴ7裁判」

監督賞ノミネート

トマス・ヴィンターベア
デヴィッド・フィンチャー
クロエ・ジャオ
リー・アイザック・チャン
エメラルド・フェネル

主演男優賞ノミネート

チャドウィック・ボーズマン(マ・レイニーのブラックボトム)
アンソニー・ホプキンス(ファーザー)
ゲイリー・オールドマン(Mank/マンク)
リズ・アーメッド(サウンド・オブ・メタル)
スティーヴン・ユァン(ミナリ)

主演女優賞ノミネート

ヴィオラ・デーヴィス(マ・レイニーのブラックボトム)
フランシス・マクドーマンド(ノマドランド)
キャリー・マリガン(プロミシング・ヤング・ウーマン)
アンドラ・デイ(ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ)
ヴァネッサ・カービー(ピース・オブ・ア・ウーマン)

あなたにおすすめ

TOP STORIES