トランプ氏「歴史的マグショット」付きアイテムの販売開始

91

2020年大統領選の結果を覆そうとした取り組みに関して、ジョージア州で起訴されたトランプ前大統領は24日、フルトン郡の拘置所に出頭した。そこで、逮捕時のマグショットの撮影など一連の手続きを終えた。

トランプ氏は、フルトン郡保安官事務所が撮影した「歴史的マグショット」に早くも商機を見出しているようだ。

保釈金20万ドルの一部を支払い、保釈された後、X(旧ツイッター)を約2年半ぶりに更新。「マグショット」と呼ばれる逮捕時の顔写真を投稿し、自ら拡散した。

前をにらみつけたような写真には、出頭にも関わらず「NEVER SURRENDER!」と大文字で書かれており、自身の選挙キャンペーンサイトのリンクを加えた。

トランプ陣営は早くも、公式MAGAオンラインショップで、マグショット入り商品の販売を開始している。

Advertisement

現在、「NEVER SURRENDER!」(決して降伏しない!)とキャッチフレーズが書かれたTシャツ(34ドル)や、マグカップ(25ドル)、ドリンク・クーラー(2セット15ドル)ステッカー(2セット12ドル)などが、MAGAハットやMAGAフラッグと並び販売されている。

©TRUMP 2024

トランプ氏が刑事事件で出頭するのは、今回が4回目。来月、罪状認否が行われる予定だという。

キャンペーンのトップページには「罪を犯していないにも関わらず逮捕された」「裁判は茶番。選挙干渉があった」などとトランプ氏のメッセージが綴られ、寄付が募られている。