親パレスチナ集会に参加したオスカー女優、エージェント契約解除される

71

『デッドマン・ウォーキング』や『テルマ&ルイーズ』で知られる女優スーザン・サランドン(77)が、親パレスチナ集会で反ユダヤ主義的な発言をしたとして、ハリウッドのエージェントから契約を解除されたことがわかった。

PageSixによるとサランドンは17日、ニューヨーク市内で開催された親パレスチナ派の抗議集会に参加。スピーチを行い、パレスチナの解放を呼びかけたほか、「いまユダヤ人であることに恐怖を感じている人が大勢いる。この国でイスラム教徒であることがどのように感じられるかを味わっている」と発言していた。

サランドンは2014年からタレントエージェント大手のUTAと契約していた。今年はワーナーのスーパーヒーロー映画「ブルー・ビートル」や、ロマコメ「Maybe I Do」などの作品が公開されている。そのほかに、3本の作品が撮影済みだという。関係者は、UTAのスタッフの一部が彼女の発言に非常に傷つけられたと明かし、現在代理契約を締結していないと語っている。

親パレスチナの姿勢を表明したサランドンだが、一連の発言を巡って、ユダヤ系とイスラム系アメリカ人の双方から批判を浴びている。

国連のイスラエル使節団でスピーチライターを務めていたアビバ・クロンパス氏はXで、アメリカのユダヤ人は「嫌がらせや暴行を受けることなく生きる価値はない」と言っているようなものだと非難した

Advertisement

一方でパキスタン移民の活動家アスラ・ノマーニ氏もサランドンの発言に反発。Xで、米国移住後に大学教授の職を得た父親や、起業家の母親、市民権を取得した自分の例を示しつつ、われわれは米国で平等の権利を有していると訴えた

サランドン氏はこのほかにも、極右派とされるアカウントがXで投稿した反ユダヤ主義的な偽情報をシェアするなどし、非難を浴びている。また先日はピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズがコンサートで「ジェノサイドをやめるよう」呼びかけた動画をシェアし、物議を醸した。