メーガン妃 パパラッチで「あわや大惨事」も王室から連絡なし

61

16日にニューヨーク市内でパパラッチに追われ「あわや大惨事」に巻き込まれそうになったというメーガン妃とヘンリー王子だが、これまでのところ、チャールズ国王や兄ウィリアム皇太子から二人に対する連絡はないという。

そう明かしたのは、王室専門家で夫妻の友人のオミッド・スコビー氏。ABCニュースのインタビューで、騒動を「ダイアナ妃の物語をそのまま再現したような話」だとした上で、「ハリーにもメーガンにも、王室メンバーから連絡がないと情報筋から聞いて、本当にショックだった」と語った。

16日にマンハッタンで開催された非営利団体「女性のためのミズ財団」主催のイベントに出席した二人は、翌日、報道官を通じて発表した声明で「攻撃的なパパラッチらの手によって、大惨事に近いカーチェイスに巻き込まれた」と非難。追跡は2時間以上に及び、「他のドライバー、歩行者、ニューヨーク市警察の警官2人を含む、複数の衝突寸前の事態を生む結果になった」とした。

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長もこの日の会見で、騒動に言及。「どこでもスピードを出してはいけないが、ここは人口密度の高い都市だ。われわれの多くが、彼の母親がどのように亡くなったのか覚えているだろう」と、ダイアナ妃の悲劇に触れ、「パパラッチが良い写真を撮って、記事に載せたいと思っているのは明らかだが、公共の安全が最優先になければならない」と戒めた。ただし一方で、「2時間の高速のカーチェイスがあったとは信じがたい」と語った。

「あわや大惨事」の主張に対して、疑問を呈する声も上がっている。

Advertisement

ニューヨーク市警察は、衝突やトラブルなどの報告はなかったとしており、ある警察関係者は、カーチェイスについて「間違いなく、2時間ではなかった」と夫妻の主張を否定。別の関係者も、車が縁石に乗り上げたり、カメラマンと警官が「ぶつかりそうに」なったりしたこともあったが、「高速で追跡する場面はなかった」と話している。

現場を取材していたカメラマンは、PageSixのインタビューに、夫妻の車を追跡していたパパラッチの車は3台程度で、むしろ危険な運転をしていたのは、夫妻の警備だったと主張した。パパラッチを煙に巻くために、夫妻らが途中で乗り換えたタクシー運転手も「映画のようなカーチェイスではなかった」と述べ、「自分は危険だとは感じなかった」と語っている。