ホームニュースノードストロームラック N...

ノードストロームラック NYヘラルドスクエア店がオープン

26日(木)、ホリデーシーズンの本格スタートを前に、米国大手百貨店ノードストローム(Nordstrom)が運営するディスカウントストア、ノードストロームラック(Nordstrom Rack)がオープン。ラックが、マンハッタンに店舗を構えるのは、ユニオンスクエア店(60 E 14th St)に次いで2店舗目となる。
アウトレットまで足を運ばずとも、ブランドのディスカウントアイテムを購入することができる、話題の新店を紹介。

ノードストロームラックの店内

地下を含む3フロア、売り場面積47,000平方フィートの店内には、ニューヨークを中心とした人気ブランドが揃っている。店内はWIFIフリーで、性別に関係なく使用できる試着室を完備。

ノードストロム ラック
©mashupNY

1Fの入り口付近には、ケイトスペードや、マイケルコース、アレキサンダーワンなどの人気ブランドのバッグや、グッチなどのサングラスを販売。

ノードストロム ラック
©mashupNY

- Advertisement -

サングラス売り場の奥にはコスメコーナーが。プチプラコスメのNYXや、NY発スキンケアブランドのブリス(bliss)などが揃う。

ノードストロム ラック
©mashupNY

また、フロアの半分を占めるスペースには、シューズラックがサイズ別にずらりと立ち並ぶ。コーチ他、ハンターやミネトンカ、UGGなどのブーツ、スニーカーも豊富に揃っている。

ノードストロム ラック
©mashupNY

2Fは、洋服とホームコレクション。これからの季節に重宝するコート類、DVFやケイトスペード、セオリーなどのワンピース、旅行者向けにスーツケースなどのトラベルグッズ、クッションやキッチンアイテムなどが販売されている。

ノードストロム ラック
©mashupNY

地下1Fは、子供服と男性用衣類。カルバンクラインや、リーバイス、ディーゼル、ナイキ、チャンピオンなどのスポーツウェアやシューズが販売されている。

ノードストロム ラック
©mashupNY

増えるディスカウント店

ノードストロムが、ディスカウントストアのラックを始めてオープンしたのは1983年。Bloomberg.comによると、現在ラックの売上は、ノードストロム全体の3分の1を占めるという。今年中には北米の店舗数は232箇所となる。共同代表のブレイク・ノードストロム(Blake Nordstrom)氏は300店舗のオープンを予定していると同サイトに語っている。
また、同社は、2018年と2019年に、マンハッタンに初のメンズとウィメンズのノードストロムのフラッグシップ店オープンを予定している。

Nordstrom Rack Herald Square

住所:865 Avenue of the Americas(31st & 6th)
New York, NY 10001  地図
営業時間:Mon-Sat 10am-10pm、Sun 11am-8pm

あなたにおすすめ

TOP STORIES