ホームニュースブラックフェイス発言で炎上...

ブラックフェイス発言で炎上のメーガン・ケリー 番組終了か?

米NBCニュース朝のトーク番組「Megyn Kelly Today」の司会を務めるメーガン・ケリー(Megyn Kelly)氏の番組が年末で終了となり、同社を去る予定と複数メディアが報じた。

ケリー氏は、23日放送の中で、ハロウィンの仮装におけるブラックフェイスを擁護するような発言を行い、視聴者だけでなく、NBCニュース番組の司会者から非難が寄せられていた。

同日、ケリー氏は自らの非を認め、同僚に謝罪のメールを送付。翌24日の番組冒頭でも謝罪を発表した。

ケリー氏は、「ハロウィンの仮装に限っては(ブラックフェイス)はOKだと発言しましたが、それは誤りでした。お詫び申し上げます。」と述べ、「より深い理解、愛、思いやり、敬意が求められる時です。私もその一人なりたいと思っている。」と信頼回復に努める姿勢を見せていた。

- Advertisement -

しかし、翌25日分は放送されず、8月31日放送分が再放送された。26日も再放送がオンエアされるという。

ケリー氏は訴訟の構え?

ハリウッド・レポーターによると、ケリー氏は、既にエージェントを務めるクリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)との契約を解消。エンターテインメント業界を専門とする弁護士ブライアン・フリードマン(Bryan Freedman)氏を雇い、NBCに対する訴訟を検討しているという。
CAAとの契約解消の具体的な理由は明かされていないが、CAAはNBSニュースのノア・オッペンハイム(Noah Oppenheim)社長の代理を務めているためと推測されている。このまま復帰しない可能性も囁かれている。

ケリー氏は2017年1月、保守派のFOXニュースから、メインストリームのNBCニュースへと移籍。年間の契約金は2,300億ドル(約26億円)とも報じられている。NBCニュースとの契約期間は3年間で、番組が打ち切られた場合、1年半の契約期間が残ることとなる。

メーガン・ケリーが弁護士を雇ったことで、打ち切りは、法廷バトルへと発展する可能性が予測されている。CNNによると、代理人のフリードマン氏は、26日にNBCニュースの重役と面会を予定しているという。

NBC番組の視聴率は伸び悩む

FOXニュース時代のメーガン・ケリーは、人気司会者ビル・オライリー(Bill O’Reilly)の番組に次ぐ、多くの視聴者を獲得していた。
2016年の大統領選では、当時大統領候補だったトランプ氏に対して、厳しい質問を投げかけ注目を浴びた。

NBCニュースに移籍後は、2つの番組を担当。平日朝のトーク番組と、日曜夜のニュースマガジンのホストを務めた。ニュースマガジンは、初回の放送で、プーチン大統領をゲストに招くなど大きな話題となったが、その後終了している。
ニューヨークタイムズによると、現在の番組の平均視聴者数は240万人で、以前よりも40万人減少。同時間帯のライバル番組「Live With Kelly and Ryan」に大差をつけられているという。

FOXニュースに復帰の噂も

NBCニュースを去るケリー氏の今後に関して、早くもFOXニュースへと復帰する噂も浮上している。CNNの問い合わせに対し、FOXニュースは「我々は、現在の番組内容に大変満足している」と短い声明を寄せたという。

ハロウィンでブラックフェイスはあり? 司会者メーガン・ケリーが炎上

あなたにおすすめ

TOP STORIES