Advertisement
ホームニュースエンターテイメントジュリアーニ氏 人気コンテ...

ジュリアーニ氏 人気コンテスト番組出演で審査員が退席してしまう

FOXの人気コンテスト番組「マスクド・シンガー」にルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長が参加。これに対して審査員の一部が、抗議の意味を込めて席を立つ出来事があった。デッドラインが伝えた。

2019年からスタートした同番組は、現在シーズン7の収録が行われている。著名人やセレブらが様々なコスチュームに身を隠して出演し、歌やパフォーマンスを競うという内容。毎週一名が脱落し、正体が明かされる。

ジュリアーニ氏のパフォーマンスの内容は明らかにされていない。放送は来月以降になるという。

退席したのは4人の審査員のうち、アジア系俳優のケン・チョンと歌手のロビン・シック。ジェニー・マッカーシーとニコール シャージンガーは席にとどまったという。

トランプ前大統領の弁護士を務めていたジュリアーニ氏は、2020年大統領選挙後、大規模な投票不正があったと主張。トランプ陣営の選挙結果を覆そうとする取り組みに深く関与した。ニューヨークタイムズは先日、ジュリアーニ氏が、トランプ氏の指導に基づいて、接戦州で使用された投票機械が押収できるかどうか、国土安全保障省に連絡するなどして可能性を探っていたと報じた。

同馬組では2020年、サラ・ペイリン元アラスカ州知事がクマの着ぐるみに扮して出演し、視聴者を驚かせた。

TOP STORIES

What's New