Advertisement
ホームニュースジェフ・ベゾス 兄弟で来月...

ジェフ・ベゾス 兄弟で来月宇宙旅行に。気になる3人目は?

7月5日にアマゾンの最高経営者を退く予定のジェフ・ベゾス(57)氏は6日、インスタグラムの投稿で、自身が設立したブルーオリジンのロケット、ニュー・シェパードの初の有人飛行に、自ら搭乗すると発表した。打ち上げは7月20日で、弟のマーク・ベゾス氏も参加する。

ベゾス氏は「5歳の頃から、宇宙への旅を夢見ていた」と述べ「7月20日、私は弟とともに旅立つ。最愛の友と行く最高の冒険だ」と投稿した。

計画通りに打ち上げられると、ベゾス氏は、イーロン・マスク氏やリチャード・ブランソン氏など、宇宙飛行事業を手がけるライバルの中で、初めて宇宙に行く人物となる。

1961年にアメリカ人として初めて宇宙飛行に成功したアラン・シェパードにちなんで命名されたニューシェパードは、軌道に乗らずに、高度100キロまで打ち上げられ、弾道軌道を描いて地上に戻ってくる。飛行時間はおよそ11分で、これまで15回の無人飛行に成功しているという。

3人目の搭乗者は?

ニューシェパードは最大6人が搭乗可能。3人目の搭乗者は、12日にオンラインで開催されるライブ・オークションによって最終的に決定される。すでに世界143カ国、6,000人が入札に参加しており、月曜日朝の時点で、入札価格は280万ドルに達しているという。なおリチャード・ブランソン氏のヴァージン・ギャラクティックは、販売終了前の値段は、最大で25万ドル程度だった。

搭乗者に、軌道を飛行するNASAの飛行士に必要とされるような訓練は求められない。ブルーオリジンは、乗客は3倍の重力に2分間(上昇中)、5.5倍の重力に数秒間(下降中)耐えられなければならないとしている。また発射塔のてっぺんにいくための階段を登り、90分間はトイレに行かずに乗員室に留まることを余儀なくされる。身長は152cmから193cm、体重は49kgから101kgの間に限られる。

連邦航空局の許可を得るために、ブルーオリジンは地上の人々とプロパティをいかに守るかを提示しなければならないが、乗客の安全は、インフォームド・コンセントに基づく。スカイダイビングやバンジージャンプと似ており、乗客が飛行前にリスクを認識し、同意を得ればよいという。

TOP STORIES

What's New