アン ヘッシュ

カリフォルニア州ロサンゼルスで5日、映画「6デイズ/7ナイツ」などに出演の米女優アン・ヘイシュ(Anne Heche)さん(53)の運転していた車が住宅に突っ込み、炎上。「重度のやけど」を負った。

事故直後、集中治療室で手当てを受けていると報じられていたが、一命は取りとめたという。情報筋はCNNに「生きているのが幸運」と述べつつ、回復まで「長期的な時間が必要となる」と語っている。

救助にあたったという地元の男性はデイリーメールに、消防隊員が焼けた車の中からヘイシュさんを救出するまで約30分かかったため、「生存の見込みはないと思っていた」と語った。男性は、車が突っ込んだ家の住民に頼まれ、ペットを救出した後、車内に閉じ込められていたヘイシュさんの救出を試みたが、火災による炎と煙が身近に迫っていたため、その場を離れざるを得なかったという。車内の女性がヘイシュさんだとは分からなかったと話した。

地元テレビ局が現場の上空から撮影した映像では、黒く焼けた車が住宅から引き出された後、ヘイシュさんがストレッチャーで搬送される様子が撮影されている。救急車に運び込まれる直前に、突然上体を起こす様子が確認できる。

飲酒運転の可能性?

警察は事故原因に関する正式な発表を出していないが、芸能サイトTMZは、無謀運転が事故につながった可能性があると伝えている。

同サイトが入手した映像によると、ヘイシュさんは最初、別のアパートの敷地内にあるガレージに衝突していた。付近の住民が近づくと、車を急発進させた。

これとは別の映像には、ヘイシュさんが乗った青色のミニクーパーが、キーキーと音を上げ猛スピードで通りを走り抜ける様子が映っている。動画の中では、衝突音らしき音も聞こえる。

事故の直前に撮影されたという写真には、ヘイシュさんの運転席の脇にあるカップホルダーに、酒のボトルらしきものが写っており、飲酒運転をしていた疑いも浮上している。

ただし入院先の医師は、重傷を負っているため、アルコール濃度の測定はできていないと語っているという。

ロザンゼルス警察の情報筋は8日、TMZに対し、事故発生時の飲酒や薬物の使用状況を調べるため、ヘイシュさんから採取した血液サンプルの提出を求める令状を取得したと明かした。血液検査には数週間を要するという。