NY市でまた、地下鉄サーフィンで14歳少年が死亡

148

12日、ニューヨークの地下鉄で「サブウェイ(地下鉄)・サーフィン」をした14歳の少年が死亡する事故が発生した。

ニューヨークポスト紙によると、事故が起きたのはブルックリンのアヴェニューN駅付近。南方向に走行するF線の車両の上に登った少年は、列車が駅に近づこうとする際に線路に落下。対向列車にひかれて死亡した。

ポスト紙のカメラマンが撮影した写真には、高架下に落ちた少年のスニーカーや道路に血液が広がる様子が撮影されている。

「地下鉄サーフィン」は、走行中の車両の屋根に乗ったり、外側にぶら下がったりする危険行為。市の再三の警告にもかかわらず、危険を犯す若者が絶えず、死亡事故も繰り返し報じられている。

地下鉄を運営するMTAによると、昨年前半のサブウェイ・サーフィンの報告件数は450件で、2019年同時期の262 件から急増した。昨年は少なくとも5人が死亡している。

Advertisement

市長やMTAは、サブウェイ・サーフィンの増加の原因の一端をSNSにあるとしており、プラットフォーム各社に、サブウェイ・サーフィンをする動画の削除や、自動的に削除するアルゴリズムの導入を求めている。

昨年9月には「Subway Surfing Kills – Ride Inside, Stay Alive(地下鉄サーフィンは命を落とす – 中に乗って、生き延びろ)」と題した撲滅キャンペーンを発表。同世代の若者を起用した動画やポスター、駅アナウンス、SNSなど多様なチャネルを通じて危険行為をやめるよう呼びかけている。

↓同年代の若者たちがやめるよう呼びかけるサブウェイ・サーフィン撲滅キャンペーン動画。