「ニップルゲート」から20年、ジャネット・ジャクソン胸ポロリ事件の真相

217

NFLの頂点を決める「スーパー・ボウル」では、試合に加えて、豪華アーティストによるハーフタイムショーにも大いに注目が集まる。

今年の試合は2月11日、ネバダ州ラスベガスのアレジアント・スタジアムでカンザスシティ・チーフスとサンフランシスコ49ersが対決する。

当日は、グラミー賞を8回受賞している歌手アッシャーがハーフタイムショーのヘッドライナーを務める。さらに、チーフスのスター選手、トラヴィス・ケルシーと交際中で、前日まで東京公演を予定しているテイラー・スウィフトが観戦に訪れるかどうか、ファンの期待が高まっている。

ライブパフォーマンスにハプニングはつきものだが、2004年のジャネット・ジャクソンの胸ポロリ事件を覚えているファンも多いだろう。

問題が起きたのはパフォーマンスの最終曲「Rock Your Body」のクライマックス、サプライズで登場したジャスティン・ティンバーレイクが、ジャネットの衣装を剥ぐ仕草をしたところ、ニップルシールドのついた右胸が露わになった。テレビに映ったのは一秒ほどだったが、全米から苦情が殺到。その数は54万件に上ったと言われ、制裁金をめぐって連邦通信委員会とCBSが最高裁まで争う事態に発展した。この騒動は「ニップルゲート」と呼ばれ、ハーフタイム史上最悪の出来事として今も語り継がれている。

Advertisement

当時のニューヨークタイムズの報道によると、ショーをプロデュースしたMTVとCBS、NFL関係者の前では、ジャネットの服を剥がすようなリハーサルは行われていなかった。

当初ジャスティンがジャネットのスカートを脱がしてレギンスを露出する計画もあったが、スカートが重すぎることが判明し、採用されなかった。製作側の幹部は「露出する」計画は取りやめになったと話したという。

騒動後、ジャネットのスポークスマン、スティーブン・フヴェイン氏は「衣装の不具合」によるものと説明した。ジャスティンがゴム製のビスチェを剥がして「赤いレースのブラジャーを露出させる」予定だったが、「衣服が壊れた」とした。

ジャスティンも「衣装の不具合」だったとし、「不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません」と謝罪を発表した。

ジャネットも繰り返し謝罪を表明。文書に加えて、ビデオで「スーパーボウルのパフォーマンスを変更するという決定は、最終リハーサルの後になされた」と述べ、「MTV、CBS、NFLは何も知らず、残念ながらすべてが最後に台無しになりました。不快にさせることは私の意図するところではなく、本当に申し訳ありません」と語った。

ニューヨークタイムズによるドキュメンタリー「Malfunction: The Dressing Down of Janet Jackson(2021)」で、関係者は、CBSやバイアコム、MTVの幹部らは、ジャネットの謝罪は不十分と感じており、ビデオ声明の裏にマネジメントからの働きかけがあったと明かしている。

ジャネットも2006年のオプラ・ウィンフリーとのインタビューで、マネジメントの要求に従ったと説明した。衣装が取れたのはアクシデントであり、ビデオの謝罪は不本意だったと振り返った。

ニップルゲートは、ジャネットのキャリアに大きく影響する。

スーパーボウルの翌週に開催されたグラミー賞では、パフォーマンスを予定していたが、出演が許されなかった。一方、ジャスティンはパフォーマンスを許可され、受賞スピーチで再び謝罪を表明した。CBS側は参加の条件にショーで謝罪することを求めていたという。

ビルボードによると、ラジオ放送インフィニティ・ブロードキャスティングとバイアコム(MTV、CBS)を傘下に持つクリア・チャンネル・コミュニケーションズは、ジャネットの全シングル曲とミュージックビデオをブラックリストに入れ、自社のすべてのチャネルでの放送を禁止した。結果、ハーフタイムショーの翌月にリリースしたアルバム「ダミタ・ジョー」は、自身の作品として1984年以来最低の売り上げを記録した。さらに映画出演契約からの降板、ディズニーワールドにあった「リズムネーション」のコスチュームのミッキー・マウス像の撤去など、数々の苦難に直面した。

騒動から今日でちょうど20年。ジャネットが不当に責任を負わされたとする声は多く、Xでハッシュタグ「#JusticeForJanet」が再浮上している。