タトゥーで大後悔、パイナップルに隠された意味とは

955

ある女性が、お気に入りのタトゥーを友人に披露したところ、思わぬ反応が返ってきたという。

ブリタニー・ルーウィンさんはTikTokに投稿した動画の中で、トライアングルとパイナップルのイラストのタトゥーを入れたが、友人の反応が良くなかったため、不信に思ってググってみると、とんでもない意味が含まれていたと明かした。

“逆さまのパイナップル”は「スインガー」(性的に奔放、乱行パーティーを楽しむ人)のシンボルだったという。そうとは知らずに、タトゥーが入った動画を何度も投稿していたことへの後悔の念を表した。

これを見たユーザーからは「知らなかったの?」「スインガーだと思っていた(笑)」「彼と新たな楽しみにふけっているのだと思った」など、当然知っているものだと思っていたという声が上がった。

デザインを選んだ理由について、「ボスベイブ(女性経営者)を意味し、トライアングルは私のラッキーシンボルだから」と回答している。

Advertisement

他のユーザーからは「貝殻を加えて、スポンジボブの家ってことにしてはどう?」といったアドバイスも。

#upsidedownpineappleで検索すると、食料品店のカートにパイナップルを逆さまに入れて買い物をしている客や、パイナップルの絵が描かれたドアマットが敷かれたエアビー物件などの動画が#swingerのハッシュタグと共に投稿されている。

ハワイでバケーションに訪れた際、理由を知らずにパイナップルのタトゥーを入れてしまった女性は、#notswingerとタグを付け「いつも見れるように逆さまにした」と理由を加え、「笑える」とユーモラスに語った。

ニューヨークポスト紙のコメント覧には「タトゥーは、一時の悪い決断を永久的に思い出させるものだ」「20年前にクールだと思っていたシャツで、今でもそう思うのは1枚もない」などの意見も投稿されている。