訴追は追い風?トランプ氏の支持率急上昇

42

トランプ前大統領が起訴された30日から2日間にかけて実施された世論調査で、大統領選共和党予備選におけるトランプ氏の支持率が急上昇し、最大のライバルと目されるフロリダ州のデサンティス知事を大幅に上回った。

調査はYahooニュース/YouGovが、米国の成人1,089人に実施した。誤差率は±3.3%

それによるとトランプ氏は、57%の支持を獲得。デサンティス氏は31%だった。2週間前の調査では、トランプ氏(47%)とデサンティス氏(39%)の差はわずか8%で、2月までは、デサンティス氏が、わずかに上回っていた。

42%がトランプ氏の起訴を支持

調査では42%が、トランプ氏の起訴を支持する結果となった。支持しない39%、わからない19%だった。

ニューヨーク州の大陪審は30日、トランプ氏を起訴する判断を下した。罪状は明らかにされていないが、かつて不倫関係にあったとするポルノ女優ストーミー・ダニエルズ氏(44)に口止め料に関連するもので、一部報道では、訴因は30件以上にのぼると伝えられている。

Advertisement

起訴は、共和党から強い反発を招く一方で、かえってトランプ氏の支持率上昇に寄与するとの見方も多い。テッド・クルーズ上院議員(テキサス、共和党)は、「莫大な政治献金」と皮肉った。トランプ政権時代の元司法長官ウィリアム・バー氏も、トランプ氏に対する支持を押し上げるだろうと予測を示した。

一方、調査ではトランプ氏が有罪判決を受けた場合、全体の過半数(52%)が、今後大統領の職に就くべきではないと答えた。31%が就いても良い、17%がわからないとしている。

なおトランプ氏は来週火曜日、マンハッタンの検察局に出頭し、その後罪状認否を行うとみられている。