「つまり、カマラだ」トランプ氏、バイデン氏の撤退に備え?

49

バイデン氏の大統領選からの撤退議論が高まるなか、トランプ氏は既にカマラ・ハリス副大統領に照準を当てているのかもしれない。

The Daily Beastが入手した動画では、トランプ氏がハリス氏に言及する様子が撮影されている。

ゴルフ場でカートに乗ったトランプ氏は、スタッフにチップを振る舞いながら「討論会はどうだった?」と尋ねた。

「非常によかった」「素晴らしかった」と称賛を受けると、「あの老いぼれで、壊れたガラクタを見たか?悪い奴だ」と悪態をつき、「彼は辞める。選挙戦から退く」と今後の展開を予測。「私は彼を追い出したんだ。つまり、われわれはカマラを迎えることとなる」と語った。

ハリス氏について「マシだと思う」と述べる一方、「彼女は非常に良くない。非常に哀れだ。全く良くない」とFワードを交え、悪口を続けた。

Advertisement

再びバイデン氏に話題を戻すと、「あの男はプーチンと交渉できると思うか?」「中国のプレジデント、彼は手強い男だ。非常にタフなやつだ」と習近平国家主席に言及。「だが、彼もおそらく辞める」「私はただ彼らを打ちのめし続ければいいだろう?」と呟きながらカートで去っていた。

カートの助手席には、先日高校を卒業したばかりのバロン君の姿があった。

なお、ホワイトハウスのカリーヌ・ジャン=ピエール報道官は3日の会見で、バイデン氏の撤退は「絶対にない」と完全否定した。アンドリュー・ベイツ副報道官も、選挙戦を回復させる見込みは今後数日間のパフォーマンスにかかっていると報じたニューヨークタイムズの記事について、「絶対に過ち」と一蹴している

トランプ陣営のアドバイザー、クリス・ラシビタ氏とスージー・ワイルズ氏はThe Daily Beastに声明で、「撤退を要求している全ての民主党員はかつて、悪徳バイデンの超インフレや国境解放、国内外のカオスを引き起こす政策を支持してきた」と皮肉を述べつつ。バイデン氏は「衰え、機能不全、不誠実、ホワイトハウスにふさわしくない」と主張。民主党や主流メディアは、バイデン氏の「認知状態について嘘をつき、4年間にわたる悲惨な政策を支持してきた。特にけたたましい副操縦士カマラ・ハリスは」とハリス氏を攻撃した。

この声明に対し、バイデン陣営は「違う、ドナルド。悪いことは女性の権利を奪うこと。選挙に負け、暴徒に議事堂襲撃を促すこと。悪いのは税金を支払わないこと、悪いのは嘘をつき続けること、悪いのは34の重罪で有罪判決を受けたこと。悪いのはお前のゴルフの腕前」など、トランプ氏の失態を列挙。「明確にさせてくれたことに感謝する」と締め括った。