トライベッカ映画祭2019 注目作品

24日より第18回トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)が開催される。

トライベッカ映画祭(TFF)は、911アメリカ同時多発テロからの復興を祈り、俳優ロバート・デ・ニーロが発起人となり、2002年に創設された。

今年は、124人の監督による103本の作品が上映される。3部門のコンペティションで選出された作品の50%は女性監督によるもので、長編映画の29%は有色人種の監督、13%はLGBTQIAの監督が手がけた。ニューヨークの多様なコミュニティを反映するラインナップとなっている。
全体の約8割が世界初上映で、物語映画が52作品、ドキュメンタリーが51作品となる。コンペティション作品には12本のドキュメンタリー、10本の国内作品、10本の海外作品が含まれる。(協賛:AT&T)

オープニングナイト

The Apollo
©HBO

オープニングには、『ぼくと魔法の言葉たち』のロジャー・ロス・ウィリアムズ(Roger Ross Williams)監督のHBOドキュメンタリー「アポロ」(The Apollo)が選ばれた。4月24日にハーレムのアポロシアターで、ワールドプレミア上映される。

ニューヨークのランドマーク、アポロシアターの85年間を通じ、米国におけるアフリカ系アメリカ人の歴史や芸術が果たした役割、その功績などを紹介する。

アポロシアターは、ジャズやR&B、ソウル、ゴスペルなどアメリカ音楽の誕生の地となってきた。これまでに、ビリー・ホリデーやアレサ・フランクリン、エラ・フィッツジェラルド、ダイアナ・ロス、ザ・スプリームス、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン5、ルーサー・ヴァンドロス、デイヴ・シャペル、ローリン・ヒル、ジミ・ヘンドリックスらがステージに立った。
日時&場所:4/24 7:00 THE APOLLO THEATER(Sold Out)他

クロージングナイト、ガラ、アニバーサリー

yesterday

今年のクロージングナイトには、ダニー・ボイル(Danny Boyle)監督のミュージカルコメディ映画イエスタデイ」(Yesterday)がワールドプレミア上映される。
日時&場所:5/4 6:00 PM BMCC TRIBECA PAC *チケット発売は3/26

ガラには、米ロックバンド、フィッシュ(Phish)のリードシンガー、トレイ・アナスタシオ (Trey Anastasio)について描いたドキュメンタリー映画「ビトウィーン・ミー・アンド・マイ・マインド」(Between Me and My Mind)がワールドプレミア上映される。
日時&場所:4/26 8:00 PM BEACON THEATRE

Reality Bites

アニバーサリー・スクリーニングでは以下の作品が上映される。

・劇場公開から40周年のベトナム戦争を描いたフランシス・フォード・コッポラ監督の『地獄の黙示録:ファイナルカット』(Apocalypse Now)。4K Ultra HDでの上映。
日時&場所:4/28 5:00 PM Beacon Theatre

・劇場公開から25周年のウィノナ・ライダー(Winona Ryder)、イーサン・ホーク(Ethan Hawke)主演、ベン・スティラー(Ben Stiller)監督のジェネレーションXを描いた90年代のカルト映画『リアリティ・バイツ』(Reality Bites)
日時&場所:5/4 2:00 PM BMCC TRIBECA PAC

・劇場公開30周年のキャメロン・クロウ監督、ジョン・キューザック主演の『セイ・エニシング』(Say Anything)
日時&場所:4/30 8:00 PM BMCC TRIBECA PAC

・劇場公開35周年のロブ・ライナー監督デビュー作品『スパイナル・タップ』(Spinal Tap)
日時&場所:4/27 8:00 PM BEACON THEATRE

第13回ESPNスポーツ映画ガラオープニングには、独立記念日にコニーアイランドで開催されるネイサンズホットドッグ早食い大会(Nathan’s Famous Hot Dog Eating Contest)を題材としたドキュメンタリーThe Good, The Bad, The Hungry」
日時&場所:4/26 6:00 PM BMCC TRIBECA PAC 他

This Used to be New York

ニューヨークで活躍した人物にスポットライトを当てた作品が上映される。
・70年代活躍したフォトグラファー、マーサ・クーパー(Martha Cooper)氏と彼女が撮影したグラフィティを紹介するドキュメンタリー「マーサ」(Martha)
・イーストヴィレッジのインディーレコードショップの物語「アザーミュージック」(Other Music)
・アベル・フェラーラ(Abel Ferrara)監督による、マンハッタンのシネマ・ヴィレッジやフォレストヒルズのシネマートなどを運営する劇場主ニック・ニコラウ(Nick Nicolaou)氏を描いた「プロジェクジェクトニスト」(The Projectionis)

その他の注目作品には
・元ニックスのMBA選手ステフォン・マーブリー(Stephon Marbury)のドキュメンタリー「A Kid From Coney Island」
・イースト・ヴィレッジで開催されたドラァグフェスティバル「ウィッグストック」を記録した「Wig」
・ブルックリンを舞台としたエミリー・モーティマー(Emily Mortimer)とグレース・ヴァン・パタン(Grace Van Patte)主演のコメディ「Good Posture」
俳優ジャレッド・レト(Jared Leto)が初めて監督作品。50人のカメラクルーが米国の独立記念日を捉えたドキュメンタリー「A Day in the Life of America」
・『ディオールと私』(Dior and I )を監督したフレデリック・チェン (Frédéric Tcheng)の新作。米ブランドのホルストンをテーマにしたドキュメンタリー「Halston
・ 「バーリアン」で知られるピーター・ストリックランド(Peter Strickland)監督のスーパーナチュラルコメディ「In Fabric
・世界の女性たちに蔓延するウィルスの恐怖を描いたロードムービー「Only」。「ハミルトン」のレスリー・オドム・Jr、フリーダ・ピント出演などが挙げられている。

ストーンウォールの反乱から50年を記念し、4日Spring Studiosで、LGBTQに関するトークイベント「Celebrating Pride 」が開催される。ゲイを公表した初めてのアカデミー賞司会者で俳優ニール・パトリック・ハリス(Neil Patrick Harris)と、ノンバイナリーの活動家で俳優のエイジア・ケイト・ディロン(Asia Kate Dillon)らがパネルディスカッションを開催する。

トークシリーズ

今秋米公開のネットフリックス『アイリッシュマン』(The Irishman)で再びタッグを組んだマーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)監督とロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)がトークイベントを行う。
日時&場所:4/28 2:00 PM、Beacon Theatre

世界にひとつのプレイブックアメリカン・ハッスルデヴィッド・O・ラッセル監督(David O. Russell)と、女優ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)のトークショー(4/27 6:00 PM、 BMCC Tribeca PAC)や、『シェイプ・オブ・ウォーター』ギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)監督のトークイベント(4/25、8:00 PM、BMCC Tribeca PAC)が開催される。
トークシリーズプログラムの詳細

今年も4月27日にAT&T協賛で無料スクリーニングが開催される。チケットは4月4-6日に一部のAT&Tの店舗で配布される。

Tribeca Film Festival

日時:2019年4月24日から5月5日まで
プログラムやチケットの詳細はwww.tribecafilm.comより