ホーム ネットで話題 ターゲットとバインヤード・...

ターゲットとバインヤード・バインズのコラボコレクション 販売直後に売り切れ続出

米大手小売りのターゲットは、アメリカ発のファッションブランドVineyard Vines(バインヤード・バインズ)とのコラボコレクション(vineyard vines for Target)を18日より販売スタートした。しかし、発売直後から売り切れアイテムが続出し、商品を手にできなかった多くの顧客をがっかりさせたようだ。

コラボ商品は夏向けのラインナップで、レディーズ、メンズ、子供用の衣類からペット用品、インテリア、キッチンアグッズなど300アイテム以上が発売された。価格帯は2ドルから120ドルで、35ドル前後の商品が多い。

オンラインの販売は18日深夜からスタートした。販売開始から約20分後にターゲットはツイッターアカウントで告知を行なったが、この時点で多くの商品が売り切れていたようだ。

- Advertisement -

販売開始から19分後に投稿したけど、すべてがほとんど売り切れ。

なぜ午前3時に販売スタートしたんだ?いつものとおり、顧客フレンドリーじゃない。特に就寝中の東海岸の人々にはね。

店舗でも激しい争奪戦が繰り広げられた。

商品は誰の手に?

USA TODAYによると、土曜の夕方8時の時点で7,400アイテムがeBayで販売されていた。多くは2倍以上の値段がつけられ、さらに日曜日午後には10,500アイテムに膨らんでいるという。

ebay.com

苦情を受け、ターゲットは「多くのアイテムがすぐに売り切れ、がっかりさせてしまったことを理解しております。商品が返品される可能性がありますので、店頭とオンラインの更新状況を確認し続けることをお勧めします。これがお役にたてますように」と顧客に呼びかけた。

ターゲットの限定企画は例年人気で、過去にリリー・ピュリッツァーやハンター、マリメッコ、ビクトリア・ベッカム、ミッソーニといった有名ブランドとのコラボアイテムを期間限定でリリースしている。

TOP STORIES

Recommended stories