ホーム ニュース ニューヨーク NYにスターバックス・リザ...

NYにスターバックス・リザーブ・ロースタリーがオープン

米スターバックスは14日、チェルシー地区にスターバックス・リザーブ・ロースタリー(Starbucks Reserve Roastery)をオープンした。

【動画】店内の様子

新店舗は、建築家ラファエル・ヴィニオリ(Rafael Vinoly)氏が設計した9階建てオフィスビルの地下と1・2階の3フロアで構成される。売り場面積は約23,000平方フィート。

付近には、チェルシーマーケットやグーグルオフィス、アパレル、ハイライン、ホイットニー美術館などがあり、観光客と若いビジネスマンで賑わう。

ラグジュアリーなNYリザーブ店

- Advertisement -

店内にはロースターのほか、選りすぐりの豆を使用したリザーブコーヒーを提供するコーヒーカウンター、イタリアンベーカリーの「プリンチ」(Princi)、米国初のバー「アリビアーモ・バー」(Arriviam Bar)を備える。

マンハッタン最大のロースター

ハンマー加工されたコッパーで覆われた、高さ9メートルのロースターは、マンハッタンで最大となる。年間150万ポンドのコーヒーを焙煎し、市内のリザーブ店へ運搬する。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©mashupNY
スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©mashupNY

米国初のバー「アリビアーモ・バー」

イタリア語で「到着しました」を意味する「アリビアーモ・バー」(Arriviam  Bar)は中2階にある。
米国で初めてオープンしたアリビアーモ・バーでは、ミクソロジストとして有名なジュリア・モモセ(Julia Momose)さんが考案したコーヒーやお茶を使用したカクテル、ノンアルコールドリンクを提供する。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©Starbucks

イタリアンベーカリー「プリンチ」

イタリアのパン職人ロッコ・プリンチ(Rocco Princi)氏が設立したベーカリー、「プリンチ」(Princi)の焼きたてパンを購入することができる。
プリンチに出資しているスターバックスは、事業展開のライセンスを保有しており、先月ニューヨーク初のプリンチをミッドタウンにオープンした。

サンドイッチからクロワッサン、マフィン、パイ、ティラミスなど豊富なメニューが揃う。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©mashupNY
©mashupNY

ニューヨークをイメージしたインテリア

天井には、ビルの外観やニューヨークの碁盤目状の道路をイメージしたスクエア柄と長方形が並ぶ。
地下鉄を彷彿とさせるパイプ管は、ローストした豆の通り道となっている。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©mashupNY
©mashupNY

アットホームな雰囲気の暖炉もあり、座り心地の良い「バサムフェローズ」(BassamFellows)社製のウォルナットチェアーがいたる場所に設置されている。

©mashupNY

スターバックスのシグニチャー、コッパーカラーのセイレーン(Siren)は、ブルックリン在住のアーティスト、マックス・スタイナー(Max Steiner)氏がオスカー像などを製作するPolich Tallix社とコラボレーションしたもの。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©Starbucks

リザーブコーヒーの量り売りコーナー「スクープバー」(scoop bar)では、プレゼント用のラッピングセービスもある。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©mashupNY

オリジナルグッズも豊富に販売されている。NYロゴの入ったマグやボトル、トートバッグはお土産にもおすすめ。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©mashupNY

オープン初日には、スターバックス創業者で現在名誉会長のハワード・シュルツ(Howard Schultz)氏の姿も見られた。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©mashupNY
スターバックス・リザーブ・ロースタリーNY
©mashupNY

リザーブ・ロースタリーは現在シアトル、上海、ミラノにあり、ニューヨークは世界で4店舗目となる。来年には東京やシカゴにもオープンを予定している。

Starbucks Reserve Roastery

61 9th Ave, New York, NY 1001
www.starbucksreserve.com

© 2018 mashup New York. All Rights Reserved.



TOP STORIES

Recommended stories