ホームニュース大陸横断は100年ぶり ア...

大陸横断は100年ぶり アメリカで皆既日食 2017年8月

21日(月)は、アメリカ全土で日食(solar eclipse)が観測された。前回、アメリカで皆既日食が観測されたのは1979年。今回のように皆既食帯が、アメリカ大陸を西から東海岸にかけて横断する現象は1918年以来となる。約1世紀ぶりの観測となったため、「グレイト・アメリカン・エクリプス」(Great American Eclipse)と呼ばれ、大きな話題となっていた。

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

ニューヨークの様子

ニューヨークでは、71.39%の部分日食が観測され、午後2時44分頃にピークを迎えた。ピーク時には少し雲が現れたが、おおむね晴天ではっきりと太陽が欠けている姿を見ることができた。日食を楽しむ人々の様子を一挙ご紹介!

>タイムズスクエアの様子

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

セブンイレブンや家電量販店Best Buyなどの店頭では、日食専用のサングラスが完売となったため、観測用のボックスを手作りして持参する人も。

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

サングラスを持っていない人には、メガネを持っている人がシェアし、多くの人が日食を楽しんだ。

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

フラットアイアンでは、バナナブランドのChiquitaが、バナナのバルーンを設置。無料でサングラスを配布。

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

Great American Eclipse 2017
©mashupNY

平日のため、オフィス街のミッドタウンでは、一斉にビルから人が出てきて鑑賞を始めたため、歩行者が道路に溢れ出る場面も見られた。

ミッドタウンのRadio CIty付近

ユニオンスクエア

ワシントンスクエアパーク

アメリカ自然史博物館

コロンバスサークル(ウエスト59thストリート付近)

オキュラス、ワンワールドトレードセンター付近

View this post on Instagram

#eclipse2017 #nyc #🌓 #日蝕

A post shared by Johnson Yang (@johnsonchyang) on

セントラルパーク

全米オープンテニスに向けて練習中のナダル選手も鑑賞

Accuweatherによると、次回の皆既日食は、2024年4月8日が予定されており、ダラス、リトルロック、アーカンソー、インディアナポリス、クリーブランド、バッファロー、モントリオールを通過する。

米国 8月21日に約100年ぶりの大陸を横断する皆既日食

あなたにおすすめ

TOP STORIES