出口間違えた?高級ブランド万引き少年、ガラス窓に激突して失神

ワシントン州ベルビューにあるルイ・ヴィトンで、高級バッグ数点を万引きした17歳の少年が、店から逃走しようとしたところ、あやまってガラス窓に激突。意識を失い、その場で逮捕された。

監視カメラの映像には、少年が勢いよく窓ガラスに激突し、倒れる様子が映っている。駆けつけた警官が取り押さえ、手錠をかけた。このほか、複数人の犯人が陳列棚からバッグを奪い、堂々と店を後にする様子も撮影されている。

地元メディアKOMOニュースによると、少年は18,000ドル(260万円相当)のバッグを盗もうとしていた。ベルビュー警察の警部は「恥知らずという言葉がぴったりだ」と犯行を非難した。

少年は、泥棒組織の一味で、グループには殺人罪で有罪判決を受けた者や、窃盗を生業としている人物もいるという。

今年、キング郡で立件に至った組織的な窃盗事件は59件にのぼる。 14件はベルビューで、25件はシアトルで起きた。

ベルビュー警察は、この他に、大手小売店のホームデポだけでも、50人以上の万引き犯を逮捕したと明らかにしている。