NY地下鉄で食品を販売する女性を警察官が拘束。動画が物議

8日、ニューヨーク市ブルックリンの地下鉄構内で、揚げ菓子のチュロスを販売していた女性がニューヨーク市警察に拘束された。その様子を撮影した動画がSNSに投稿され、物議を醸している。

ソフィア・ニューマン(Sofia Newman)さんは、ブロードウェイ・ジャンクション(Broadway Junction)駅で、ヒスパニック系の女性が複数の警察官に手錠をかけられる姿を撮影し、SNSに投稿した。
ニューマンさんはabc7ニュースに対し「彼女は10年間この駅でチュロスを販売してると聞いており、地元の人々から愛されている。」と語った。ニューマンさんは警察の対応を「サービスを改善しない代わりに、貧困者を取り締まっている。コミュニティで十分なサービスを受けていない人々をターゲットにしたものだ。」と批判した。

9日に投稿した動画は250万回以上再生されている。動画を見た人の中には、警察の行きすぎた対応と非難する声も多い。

ニューヨーク市警察交通局は10日、女性は違法だと知りながら販売許可なく、地下鉄で食品を販売していたと発表。また、過去6カ月間に10回以上の出頭命令を受けており、警察官への協力を拒んだため、拘束したと述べた。女性はすぐに釈放されたという。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)州知事は今年6月、無賃乗車と職員に対する暴行の防止に、地下鉄とバスに警察官500人を配備する計画を発表している。
11日には、今回の拘束と、警察官の増加に抗議するためのデモが計画されている。