「オスプレイ墜落」5人死亡 元ドジャース選手の家族も

210

米海兵隊は11日、カリフォルニア州で起きた軍用機墜落事故で死亡した隊員5人の名前を公表し、遺族と友人らに哀悼の意を表明した。

事故があったのは8日、午後12時25分頃。サンディエゴのミラマー海兵隊航空基地から東方に185キロメートルほど離れたインペリアル郡グラミスで、訓練中のMV-22Bオスプレイが墜落した。5人はキャンプ・ペンドルトン海兵隊基地で第3海兵航空団に配属されていた。事故発生時は実弾射撃訓練をしていたと伝えられている。事故原因については調査中とされている。

死亡した隊員の一人、パイロットのジョン・サックス(33)大尉は、1981年代から94年にかけて大リークで活躍したスティーブ・サックス選手(62)の息子だった。ニューヨークポスト紙によると、スティーブ氏は、ドジャースに在籍した7年間に2度のワールドシリーズ優勝を経験。1982年にリーグの新人王に、1986年にシルバースラッガー賞に輝くなど、名選手として知られた。89年から91年にヤンキースでプレーした後、ホワイトソックス、アスレチックスへの移籍を経て引退した。オールスター戦にも通算5回出場している。