路上の偽ブランド販売業者を一斉摘発 14億円分を押収

86

ニューヨーク市警察は28日、路上で偽ブランド品を販売していた17人を逮捕。1,000万ドル(約14億円)相当の品物を押収したと発表した。

容疑者らはチャイナタウン付近にあるカナルストリートとブロードウェイの路上で、ルイ・ヴィトンやイヴ・サンローラン、グッチ、バレンシアガ、ロレックスなどの時計やバッグ、財布、スニーカー、シューズなどを違法に販売していた。

ジェフ・マドレイ巡査長は会見で、容疑者は1,000ドル以上のブランドの偽造品を販売した罪で起訴され、有罪の場合、最高で10年の禁固刑が命じられる可能性があると説明した。道端に陳列された商品は「歩道を妨げ、地元の商売にも悪影響を及ぼし、クオリティライフを低下させる」と非難した。

偽造品スペシャリストによると、商品は主に中国やインドから輸入されたもので、99%が偽物だという。

同地域は「フェイクバッグの金鉱」とも呼ばれるなど、観光名所化しており、今年8月にも手入れが行われていた。