ホーム ニュース ニューヨーク州 新型コロナ...

ニューヨーク州 新型コロナウイルス検査を開始へ

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)州知事は29日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染の疑いのある患者に対し、州の研究施設で検査を開始することを明らかにした。

これまではアトランタの疾病対策センター(CDC)にサンプルを送付していたため、検査結果の判明には36時間から48時間を要していた。

クオモ州知事は29日午前、マイク・ペンス副大統領に対して、ニューヨーク州でのウイルス検査を承認するよう要求したとツイート。「待ち時間を短縮し、コロナウイルスの状況をより効果的に管理することができる。」と主張した。
その後正午ごろに、「ニューヨーク州のワーズワース研究所で、直ちにテストを行う。」と発表した。
現在ニュージャージー州とコネチカット州のトライステートエリアで、ウイルス検査が許可されている。これまでに3州で感染者は確認されていない。

- Advertisement -

クオモ州知事は26日の会見で、新型コロナウイルス対策として、4,000万ドル(約44億円)の緊急資金援助を州議会に要求したことを明らかにした。資金は医療スタッフの雇用や医療機器の調達に充てられる。

NY市の感染疑いは0人に

ニューヨーク市保健局は29日午後、イタリアから帰国した感染の疑いがある患者に関して、検査結果は陰性だったと発表した。

米国内で初の死者

29日午後、トランプ大統領は会見を開き、米国で初めてコロナウイルス感染による死者が出たことを発表した
現在の米国内の感染者数は22人で、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での感染者を含めると、少なくとも64人の感染が確認されている。感染経路が不明な患者は4人(カリフォルニア州2人、オレゴン州とワシントン州で各々1人)となっている。

コロナウイルス対策本部のマイク・ペンス副大統領は、大統領の承認により、イランの渡航制限の拡大や、イタリアと韓国の特定地域への渡航警戒レベルを最高の「レベル4」(渡航中止)に引き上げる計画を発表した。

TOP STORIES

Recommended stories