やっぱり根に持ってる?トランプ氏 キム・カーダシアンに「がっかり」

76

トランプ前大統領は、リアリティ番組のスター、キム・カーダシアンに裏切られたと感じているのだという。18日に発売される『アプレンティス・イン・ワンダーランド』の著者ラミン・セトゥーデ氏がワシントンポスト紙の記事で明かした。

セトゥーデ氏は、トランプ氏がホワイトハウスを去った後の2021年5月から、トランプタワーでインタビューを重ねた。トランプ氏の名を一躍全国に知らしめたNBCの人気リアリティ番組『アプレンティス』について執筆していることを知ったトランプ氏は、自ら事務所を通じてインタビューの機会を提供したという。

当時の映像を振り返りながら、「引退した高校のフットボールのコーチが、昼間のレストランでくつろぎながら、お気に入りのプレーの時計を巻き戻すような口調」で話すトランプ氏だったが、ある日、キム・カーダシアンの映像を流すと、苛立ちを募らせたという。

セトゥーデ氏によると、2010年に香水のプロモーションのためにカメオ出演したキムが、妹のクロエ(この前年にアプレンティスに出演し、トランプ氏からFired!を言い渡された)に言及する様子を見たトランプ氏は、「私はクロエとうまくやっていけたことはない」と述べると、容姿や性格について批判を展開。2007年にクロエが飲酒運転で逮捕されたことに触れ、「飲酒運転で逮捕された。知ってた?」と満足げな表情を浮かべて「これはひどいことだ。多くの人が飲酒運転で死亡している」と続けた。クロエを脱落させた理由は、飲酒運転が理由だとも説明したという。

さらにキムに矛先を移すと、「キムにはがっかりだ」と不満を口にした。「彼女とはうまくやっていたし、当時の夫(カニエ・ウエスト)ともよくやっていた」と述べつつ、「私は、彼女が他の誰ともできない刑務所改革をたくさんやったが、その後、ハリウッドに受け入れられようと、彼女は私をエンドースしなかった」と漏らしたという。

Advertisement

キムは2018年5月にホワイトハウスを訪れ、トランプ氏と刑事司法改革や恩赦について協議した。キムの訪問を「すばらしい会合だった」としたトランプ氏は翌月、麻薬に関する罪で終身刑を受けていた女性に恩赦を与えた。大物リアリティスターとの会合は、トランプ政権にとって良い宣伝になると考えた娘婿のジャレッド・クシュナー氏が仲介したとされる。キムは2020年にも、釈放された女性3人とともにホワイトハウスを訪れた。

トランプ氏がおそらく根に持っているのは、2020年の大統領選をめぐるツイート。カーダシアン氏はどちらに投票したかを公表していないが、バイデン氏の当選が確定した後、ツイッターにバイデン・ハリスコンビの写真に3つの青いハートをつけて投稿していた。

なお、キムはトランプ氏がホワイトハウスを去った数ヶ月後にも、前大統領から恩赦の嘆願に関する支持を得ようと、再びマール・ア・ラーゴのトランプチームに接触したとされる。

ABCニュースの記者ジョナサン・カール氏によると、本人からすぐに折り返しの電話があったが、この時トランプ氏は「絶対無理」とはねつけた挙句、バイデン大統領に投票したとして、いまさら頼み事に来たのかと非難。二言三言告げた後、電話を切ってしまっという。