ホーム ニュース ニューヨーク 独立記念日 ネイサンズホッ...

独立記念日 ネイサンズホットドッグ早食い選手権2019

7月4日の米独立記念日には、ブルックリンのコニーアイランドで恒例のネイサンズホットドッグ早食い選手権(Nathan’s Hot Dog Eating Contest)が開催される。
今年で第103回目を迎える大会は、毎年約4万人が観戦に訪れ、200万人がテレビで視聴する米国民が注目するイベント。

「ジョーズ」の異名を持つジョーイ・チェスナット(Joey Chestnut)が、2018年に打ち立てた74個の世界記録を保持する。
チェスナットは、2007年にライバルの「コビ」こと小林 尊(Takeru Kobayashi)を破って以来、マット・ストーニー(Matt Stonie)に破れた2015年を除き、11回優勝している。

女性部門は日系人のミキ・スドーが、6年連続優勝を狙う。

日時、場所、視聴方法

- Advertisement -

Nathan’s Hot Dog Eating Contest
7月4日(木)
女性部門:10時45分スタート
男性部門:12時スタート
* 東部時間
大会の模様は、ESPN2/ESPN3、WatchESPNで放送する。

2019年の優勝者

女性部門は、スドー・ミキが10分間で31個のホットドッグを食べ、6年連続優勝を果たした。
男性部門はジョーイ・チェスナットが10分間で71個を食べ、12度目の優勝を果たした

小林 尊とチェスナットの戦いを描くドキュメンタリー

The Good The Bad The Hungry
©Tribeca Film Festival

4日の大会を前に、早食い界の歴史に名を残す2人のアスリート、小林 尊とチェスナットのバトルを描いた ESPNのドキュメンタリーシリーズ30 for 30「ザ・グッド、ザ・バッド、ザ・ハングリー」(The Good, The Bad, The Hungry)が放送された。

小規模な大会だった早食いコンテストを、スポーツのレベルに昇華させた小林 尊と、当時カリフォルニア出身の23歳の学生、チェスナットの挑戦を描く。監督は、ニコル・ルーカス・ハイムズ(Nicole Lucas Haimes)。
小林 尊は、初出場の様子や、顎の負傷、会場での逮捕、母親の死、チェスナットを応援する米国人の反応などについて、時に感情的になりながら語っている。
業界の権力者、ジョージ・シア(George Shea)が創設したメジャーリーグ・イーティング(Major League Eating)との不当な契約についても触れ、なぜ大会に復帰しない決意をしたのかを語った。

TOP STORIES

Recommended stories