ホーム ニュース エンターテイメント ウェブスターホール再オープ...

ウェブスターホール再オープン。ジェイZの初出演が決定

ラッパーのジェイ・Z(Jay-Z)が、4月26日にリニューアルオープンするイーストヴィレッジの老舗クラブ「ウェブスターホール」(Webster Hall)のこけら落とし公演が決定した。

ブルックリン出身のジェイ・Zが同ホールでパフォーマンスを行うのは今回が初めて。ジェイ・Zのショー「B-Sides 2」のチケットは、今週金曜日にTicketmasterで発売される。(アメックスカード会員は18日の午前10時より先行発売)

1886年に建設されたウェブスターホールは、1980年代よりライブ会場として運営されている。同建物は、エルビス・プレスリーやフランク・シナトラのレコーディングスタジオや、移民らのコミュニティーホールとして使用されており、イーストヴィレッジのカルチャーを反映している。2008年に、市の歴史建造物に指定された。

- Advertisement -

2017年2月、バワリープレゼンツ(The Bowery Presents)とブルックリンスーポーツエンターテインメントグローバル(BSE Global)が同ホールの資産と運営権利を買収した後、同年末より改装工事が実施されていた。

2月に、パティ・スミス(Patti Smith)や、シャロン・ヴァン・エッテン(Sharon Van Etten)、MGMTら人気アーティストが公演を行うことが発表されていた。

TOP STORIES