違法賭博スキャンダル、大谷選手の通訳 解雇直前の動画が話題

292

ドジャースに移籍したばかりの大谷翔平選手の相棒に特大スキャンダルが浮上。エンゼルス時代から長年通訳を務めていた水原一平氏は20日、大谷選手の金を盗んだと告発された後、ドジャースを解雇された。

ロサンゼルス・タイムズによると、大谷選手の代理人は、水原氏が連邦捜査当局の捜査対象となっている違法賭博師マシュー・ボウヤー氏と違法な賭けをするため、大谷選手の資金から「巨額の窃盗」をはたらいたと主張している。

大谷選手の口座からボウヤー氏に多額の送金がされており、ESPNによると、その金額は450万ドル(約6.8億円)とされる。

大谷選手の代理人を務めるバーク・ブレトラー弁護士は、タイムズの取材に「メディアの質問に答える中で、われわれは翔平が大規模な窃盗の被害者であることを発見した」と説明。「この問題は捜査当局に引き渡した」と語っている。

ボウヤー氏は昨年、家宅捜索を受けているが、刑事訴追はされていない。また代理人は同紙に、大谷選手と面識はなく、連絡を取ったことは一切ないと同紙に回答している。

Advertisement

解雇直前の2人の様子は

SNSでは、ソウルで20日に行われたパドレスとの開幕戦で、大谷選手が水原氏の元に近寄り、談笑する姿を捉えた動画がバイラルとなっている。大谷選手は現金の引き出しについて、全く知らなかったのだろうか。試合後、スポーツ賭博疑惑が報じられ、水原氏は球団に解雇を告げられた。

大谷選手に降りかかった突然のスキャンダルに、ネットでは「この話本当なの?」「なんて悲しい出来事」と衝撃を告げるコメントが相次いでいる。このほかには「彼は大谷のギャンブルのいけにえ?」「彼も関与しているのでは」「単なる通訳がどうやって口座にアクセスできるんだ?」「彼は会計士を務めていたのか」といった疑問や、「第二のピート・ローズ(レッズの元監督で、在任中に賭博で解雇された)になるのでは」と、大谷選手本人にも疑惑が飛び火するのではと心配する声が投稿されている。