ホームニュースどうなる?今年のホワイトハ...

どうなる?今年のホワイトハウスのイースターエッグロール

毎年、イースター(復活祭)にたくさんの子供達を集めて開催されるホワイトハウスの恒例行事、エッグロールが、今年は4月17日(月)に開催される。ホワイトハウスでは130年以上にわたって開催されてきたもので、イベントでは卵転がし競争や本の読み聞かせ、音楽ライブなどが行われる。昨年は37,000人が参加したとされる一大行事だが、その準備がどうも遅れているらしい。

wooden egg

ツイートは、イベントの記念品として使用される木製のタマゴを作っているWells Wood Turning社から発信されたもの。タマゴは参加者に配られる他、一般にも販売される。ホワイトハウスからオーダーがこないことにしびれを切らし、大統領、メラニア大統領夫人と娘のイヴァンカ氏宛に発注期限が迫っていることをお知らせしている。その後、無事に注文を受けたようだが、ニューヨークタイムズの取材によると、今年の発注個数は4万個程度で、昨年の半分以下だという。

- Advertisement -

同紙によると、参加人数は去年に比べて大幅に少ないことが予想されている。関係者への取材では、参加者は2万人程度で、スタッフ人数は500人と、昨年の半数ほど。ワシントンD.C.近郊の公立学校の子供達には例年、招待状が配られてきたが、学校関係者の話では今年はまだ送られてきていないという。
なお、先月末にコミュニケーションディレクターに就任したGrisham氏によると、招待状は学校の他、小児病院や軍人の家族のためにとってあるという。また、これまでのイベントが大きくなりすぎたため、子供達全員がアクティビティを楽しめなくなっている、と規模縮小の理由を述べている。

また、音楽ライブでは、過去にジャスティンビーバーやアリアナグランデなどの著名人がパフォーマンスを行ってきているが、今年は軍楽隊がパフォーマンスを受け持つ。

エッグロールは、ファーストレディにとって重要な仕事として考えられており、ファーストレディやそのスタッフの執務室があるホワイトハウスの東棟のスタッフを中心に準備が進められる。中でもビジターオフィスのディレクターが実行において重要な役割を果たしてきたが、このポストは政権交代以来、空席のままとなっている。

2015年 エッグロールの模様

ブルーノマーズのヒットソング「Uptown Funk」に合わせて見事なダンスを披露するミシェル夫人。



なお、イベントでは、ホワイトハウススタッフがイースターバニーに扮して、子供達を楽しませることも通例となっている。ブッシュ大統領の時代には、現在ホワイトハウス報道官を務めるスパイサー氏がバニー役を担当。
コメディアンのジミー・キンメルは番組で、バニーが史上初めて自身の失言について謝る姿が見られるかもしれないと、先日のホロコーストに関する発言を持ち出し、面白おかしく語った。

あなたにおすすめ

TOP STORIES