ホーム ニュース ニューヨーク ニューヨーク市 ゴミ箱のデ...

ニューヨーク市 ゴミ箱のデザインを刷新

90年間前から使用されてきたニューヨークのアイコン(?)、メッシュのゴミ箱とついにお別れ。
ニューヨーク市衛生局 (DSNY)は4日、新たなゴミ箱のデザインを発表した。コンペティションを勝ち抜いたのは、ブルックリンが拠点のデザイン会社「グループ・プロジェクト」(Group Project)。

ゴミ箱は丈夫なプラスチック製で、作業員が回収しやすいよう、重量は4.5から5.5キロと従来の約半分に軽量化。持ち手も2箇所から8箇所に増えた。リサイクル表示は認識しやすくなった。

新ゴミ箱は、まず5番街の88ストリートから92ストリートの間に試験的に設置する。その後、必要に応じてデザインの再調整を施し、大量生産する。

- Advertisement -

DSNYによると、現在のメタル製メッシュのゴミ箱は1930年代にデザインされたもので、約2万3,000点設置されているという。

trash can
(90年前のレトロなゴミ箱)Jannis Tobias Werner / Shutterstock.com

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES