焼かないクッキー?クッキー生地をそのまま食べるお店"Dō"

cookie do

クッキーが大好きな方も多いと思いますが、クッキーの生地そのものをデザートとして食べたことはありますか?クッキーの生地はアメリカではCookie Dough(クッキー・ドゥ/ドー)と呼ばれていて、スーパーでもよく販売されています。その生地をオーブンで焼くのが通常の食べ方なのですが、実は、焼かずにそのまま食べることも人気のようで、アメリカでは、クッキードゥ味のドリンクや、アイスクリームなどのお菓子も見かけるほどです。

そんなアメリカならではのスイーツですが、この度ニューヨーク初となるクッキー・ドゥの専門店、その名も「Dō(Do)」が本日オープンしました。

お店をオープンしたのは、ミズーリー州出身のKristen Tomlan(クリステン)さん。大学を卒業した後に、ニューヨークのブランドコンサルティングファームで忙しく働く一方で、様々な工夫を凝らしたクッキードゥ作りをスタート。オンラインでの販売を始めたところ、ソーシャルネットワークを中心に、大きな話題となり、この度お店をオープンすることになったそうです。

場所は、学生で賑わうグリニッジヴィレッジのワシントンスクエアパークの近く。アイスクリームショップのように様々なフレーバーのドゥーが並べられ、パステルカラーがとっても可愛いお店です。店内のイートインのスペースは15席ほど。

Cookie Do
©NYおみやげガイド

店内ではオリジナルグッズも販売中。

cookie do
©NYおみやげガイド

豊富なバリエーション

クッキー・ドゥのフレーバーのバリエーションはブラウニーやチョコチップなどの12種類。これに好きなトッピングを添えてカップやコーンで食べられる他、アイスクリームサンデーやミルクシェイクにしたメニューも提供。

cookie do sundae
©NYおみやげガイド
こちら(上)はアイスクリームサンデー($10)。ベイクドクッキー、クッキー・ドゥ、アイスクリームを様々なフレーバーから選んでオーダー。ちなみにアイスはブルックリン発のブルーマーブルアイスを使用しています。

ドゥーは生で食べても大丈夫?

細菌による感染を抑えるため、アメリカでは食品医薬品局(FDA)によって、処理のほどこされていない小麦や卵を含む食品を食べないように警戒が促されています。クッキー生地は、まさにそれに該当しますが、こちらのお店では、殺菌処理を施した卵と熱処理をした小麦粉を使用し、FADの基準をクリアしており、安心して食べることができるとのこと。

ドゥーは、今まで食べたことのない、なかなかユニークな味わい。話題のスイーツですので、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

URL:https://www.cookiedonyc.com
☎︎646-892-3600
550 La Guardia Pl

シェア