ホームニュースクライムNYで無差別殺傷事件 アイ...

NYで無差別殺傷事件 アイビーリーグ学生が死亡

ニューヨーク市のアッパーマンハッタンにあるコロンビア大学付近で2日夜、男が刃物で通行人を襲い、1人が死亡、1人が負傷した。

警察によると、午後11時ごろ、ウエスト123ストリートとアムステルアベニューの角で、30歳の男性が刺された。
この10分後、ウエスト110ストリートとカセドラルパークウェイ付近で、27歳の男性が腹部を刺されているのが発見された。

モーニングサイドパーク©mashupreporter

ニューヨークポスト紙によると、30歳の男性は、コロンビア大学大学院の工学・応用化学部で、博士課程の学生ダヴィデ・ギリ(Davide Giri)さん(30)だった。

モーニングサイドパークで腹部を刺された後、よろめきながら公園の外に出て、ウエスト123ストリートとアムステルダムアベニューで倒れたという。ギリさんは、搬送先の病院で、死亡が確認された。

イタリア出身のギリさんは、コンピューターサイエンスの博士号を取得するため、5年前にニューヨークに移住。ニューヨークインターナショナルフットボールチームに所属していた。チームメイトはWNYC/Gothamistに対し、練習から帰宅する途中で、被害にあったと語っている。

27歳の男性は、イタリアから訪れていた観光客で、病院で手当てを受け、容態は安定しているという。

その後警察は、セントラルパークで、犯人と思われる男が、別の男性をナイフで脅しているのを発見し、その場で拘束した。PIX11は、男は長包丁を手にしていたと報じている。

ニューヨークポスト紙によると、男の名はヴィンセント・ピンクニー(Vincent Pinkney)(25)。クイーンズ在住で、ギャング集団「Everybody Killas」メンバーだという。暴行や強盗など、過去に11回の逮捕歴がある。2013年に起こした暴行事件で、仮釈放中だった。

2年前にも刺殺事件

2019年12月にも刺殺事件

事件が起きたモーニングサイドパークでは、2019年12月、バーナード大学の女子学生、テッサ・メジャーズ(Tessa Majors)さん(当時18歳)が、ひったくりに遭い、刺殺される事件があった。

犯人は10代の少年3人で、マンハッタンの刑事裁判所は今年10月、このうちの1人、ルチアノ・ルイス(当時14歳)に9年から無期懲役の刑を言い渡した。

TOP STORIES

What's New