ブロードウェイ、6月30日までマスク着用義務を延長

ブロードウェイ マスク
©Mashup Reporter

ブロードウェイリーグは20日、41劇場でのマスク着用義務を、6月30日まで延長すると発表した。

ニューヨーク市では今週、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、警戒レベルを「中」から「高」に引き上げ、屋内施設ではマスクを着用するよう勧告した。市では警戒レベルを「低」から「非常に高い」まで、4段階に設定。高レベルは、市中感染の拡大のほか、医療体制が逼迫するおそれがあるとしている。

マスクの着用は、義務ではないものの、全ての公共スペースや、劇場や映画館、食料品、オフィスなどの屋内施設では、高機能な医療用マスクを使用するよう推奨している。

なお、ワクチン証明書の提示のルールは、大半の劇場で解除された。しかし、マスク着用に関して、昨年夏の劇場再開以来、月毎にルールを更新している。