ホームニュース五番街アップルストアのガラ...

五番街アップルストアのガラスキューブが一時的に撤去

五番街のアップルストアのガラス製の囲い(ガラスキューブ)が、店舗の改装工事により一時的に撤去されることとなった。アップルストアは、現在売り場面積を拡大するための工事を行っている。完成は、来年の後半頃を予定しており、現在の32,000スクエアフィートから2倍以上の77,000スクエアフィートになるという。

Apple Store
©mashupNY

同店は、今年1月より、後方スペース(2015年に閉店した老舗玩具店「F.A.O. Schwarz」のあった建物)に仮設店舗を設けて、営業をしている。

- Advertisement -

Apple Store
©mashupNY

建物のオーナーBoston Properties社は、改装工事のため、ガラスキューブを取り除く許可申請をニューヨーク市建築局に提出。4月17日に許可が下りた。撤去費用には、200万ドル(約2.2億円)かかるという。

同店は2006年にオープン。2011年に現在の15枚のガラス壁で構成されるキュービック状のデザインとなった。工事完了後、キューブは元に戻される。

Apple Fifth Avenue

767 Fifth Avenue
New York, NY 10153
(212) 336-1440

あなたにおすすめ

TOP STORIES