ホーム ニュース ニューヨーク エアトレインや空港行きタク...

エアトレインや空港行きタクシー値上げへ。NY・NJ湾岸公社が発表

ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社(The Port Authority of New York and New Jersey)は25日、ジョージ・ワシントンブリッジやリンカーントンネル、空港に向かうエアトレイン(AirTrains)などの値上げ案を発表した
値上げ案によると2020年以降、空港に乗り入れるタクシーや、Uberなどの配車サービスにもアクセス費用が新たに発生する。

値上げ案の内容

  • エアトレイン
    7.5ドル(現在5.5ドル)
    *11月1日より
  • PATH
    シングルライド:2.75ドル(変更なし)
    10トリップスマートリンク:25ドル*a 26ドル*b (現在21ドル)
    20トリップスマートリンク:50ドル*a 52ドル*b (現在42ドル)
    40トリップスマートリンク:100ドル*a 104ドル*b (現在84ドル)
    *a 2019年11月1日より
    *b 2020年11月1日より
  • ブリッジ&トンネル
    現金:16ドル(現在15ドル)
    E-ZPass(ピークアワー):13.75ドル(現12.50ドル)
    E-ZPass(オフピーク):12.50ドル(現11.75ドル)
    *2020年1月5日より
  • エアポートグランドトランスポーテーションアクセス費用
    タクシー:4ドル(ピックアップのみ)
    E-hail(Uber、Lyft):4ドル(ピックアップ)、4ドル(ドロップオフ)
    *2020年半ば〜後半に適用予定

値上げにより、年間2億3,500万の収入増を見込む。これらは総工費130億ドル(約1兆4,300億円)のJFK国際空港の大規模改修や、ラガーディアやニューアークへのエアトレイン開設のための費用に充てられるという。

Uberの広報担当者は、タクシーがピックアップの際の料金のみを支払うことに対し、ウーバーらは、往復料金を科せられるのは不公平だと異議を唱えた。
NYタイムズによると、Uberはニューヨーク・リバティ空港に乗り入れるために、毎年100万ドルを支払っている。

- Advertisement -

UberやLyftの運転手の擁護団体、ニューヨークタクシー労働者組合(NYTWA)トップのバイラビ・デサイ(Bhairavi Desai)氏は、彼らの労働条件は危機的状況にあるが、湾岸公社はそれを軽んじていると非難。売られた喧嘩は受けて立つとし、ドライバーに空港閉鎖に備えるよう呼びかけた。

7月16日以降、6箇所で値上げ案に関する公聴会が開催され、9月に承認される見込みだ。

TOP STORIES

Recommended stories